trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble shopping-bag
In Partnership

海の神秘を探求し都市生活者を魅了するブランパン フィフティ ファゾムス: Underwater Connection

潜水計器として生まれたダイバーズウォッチの原点となるブランパンが手掛ける究極のピースたち。

海洋自然保護活動に熱心な時計ブランドは少なくないし、サステナブルといったキーワードが時計業界でも一般化している。しかしブランパンほど海に対する活動に熱がこもっているのは、珍しいかもしれない。

本特集はHODINKEE Magazine Japan Edition Vol.4に掲載されています。

本特集はHODINKEE Magazine Japan Edition Vol.4に掲載されています。

 もう数年前のことになるが、ブランパンが携わる海洋保護活動を集約するブランパン オーシャン コミットメントの取材のために南仏にあるハイエック家の別荘にお邪魔したことがある。海に近い邸宅の庭には、オーシャン コミットメントの解説パネルだけでなく、美しい海洋写真が展示されていた。ふと一枚の写真を見ると、そこにはCEOマーク A. ハイエック氏のクレジットが。つまりCEO自らがダイバーであり、水中写真家でもあり、海を愛し、美しい海洋自然を守りたいと思っている。だからこそ熱のこもった活動になるのだろう。

表示に応じて夜光塗料の色も変える。10時位置のレトログラード表示が減圧停止用の5分カウンター。サイドのプッシュボタンを押して起動させ、水面下での待機時間を計測する。

 ブランパンと海が出合ったのは、1953年に発表されたモダンダイバーズの原点フィフティ ファゾムスがきっかけである。当時のダイバーズウォッチは軍用時計であったが、潜水機器の進化によって人間と海との付き合い方が広がり、未知なる海への興味が高まっていくとともに、ブランパンでは海洋探査のための時計にもフォーカスしていった。そこから生まれたのが、2011 年に発表されたXファゾムスだ。

ケースの厚みは24㎜。防水300mのダイバーズウォッチとしても、かなり異例の厚さとなるが、それだけ堅牢さを意識しているということ。まさにプロのためのツールなのだ。

ケースバックには水深計を動かすための仕掛けが。アモルファス合金製の金属膜に水圧がかかって変形することで、ダイヤル中央の水深計が作動する。90mまでの計測が可能だ。

 X ファゾムスは、かなり異色の存在である。写真を見ればわかるとおり、ケースは巨大で表示も複雑。機械式の水深計を備え、プロダイバーには必須となる減圧停止用の5分間のレトログラードカウンターを有している。しかしながら、防水性能はあえて300mに抑えている。つまりX ファゾムスは単なるスペック重視の深海ダイ バーズウォッチではなく、ダイバーが本当に必要な機能を詰め込 んだツールウォッチの究極形なのだ。その証拠にこのモデルは、今 もレギュラーモデルとして製作されている。ブランパンは、それくらい海に本気なのである。

究極のダイバーズウォッチ Xファゾムスは、実際にオーシャンコミットメントが関係するさまざまな海洋保護活動や海洋調査の現場で活躍している。特に有名なのは、海洋生物学者で水中写真家でもあるローラン・バレスタ氏のゴンベッサ・プロジェクトの支援だろう。生きた化石といわ
れるゴンベッサ(シーラカンス)が泳ぐ姿を世界で初めて海中で撮影することに成功した彼は、現在はマダラハタやグレイリーフシャークなど海洋生物の神秘を解き明かすための研究調査を行っており、その腕にはブランパンのXファゾムスが装備のひとつとして使われている。

 さらに今年からは、映像制作会社と海洋基金からなるオーストラリアのバイオピクセルとのパートナーシップを締結。同社は海洋調査と探査に特化しており、ブランパンではバイオピクセルを通じてオーストラリアの公的機関や大学、市民たちとつながりながら、グレート・バリア・リーフの海洋探査や海洋生物の調査をサポートすることになる。

 ブランパン オーシャン コミットメントではほかにもさまざまな活動をサポートしているが、そのどれもが学術的な研究を主としている。マイクロプラスティックや温暖化など、海を取り巻く環境悪化の問題は多岐にわたるが、ブランパンではもっと大きな枠組みでとらえ、研究機関を通じて海の神秘を解明し、海の魅力やロマンを伝えることも主眼にしている。海を愛する気持ちを養えば、おのずと海洋自然保護の重要性にも目が向くだろう。ブランパンが目指すのは海への意識改革なのだ。

 その一端を担うのが、ダイバーズウォッチ フィフティ ファゾムスだ。フランス海軍の要請から生まれたダイバーズウォッチであり、1953年に誕生した初代モデルのデザインコードを踏襲した時計界のマスターピースは、ダイバーズウォッチとして完璧な性能を持っていることは疑うべくもない。しかしツールウォッチとしても優秀であるだけではなく、堅牢なケースや視認性に優れたデザインなど、デイリーウォッチとしてもハイレベルである。

 なかでも6時位置に大型のカレンダーを持つフィフティ ファゾムス ラージデイトは、自社ムーブメントのCal.6918Bによってトリプルバレルによる5日間パワーリザーブを実現。シリコン製のヒゲゼンマイを採用することで耐磁性も備え、ケースはチタン製なので着用感も軽やか。ダイバーのためのツールウォッチが、現代の生活者にとっても最高のツールとなり、海を身近に感じることも容易になった。海時計の歴史を継承し、海を愛するCEOが陣頭指揮を執るフィフティ ファゾムスは、水の惑星に暮らすわれわれのための時計なのだ。