trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
December 05, 2019
December 05, 2019

NOMOS Glashütte

歴史を表示

1990年にドイツが統一された後、ローラント・シュヴァートナーによってノモス グラスヒュッテが設立される。バウハウス調のシンプルな時計はスザンヌ・ギュンターのデザインから始まり、数々のデザイン賞を受賞している。ノモスは当初、改良を施したETA7001ムーブメントを搭載していたが、生産性の向上に成功し、今では完全自社製ムーブメントを製造している。ノモスの販売価格設定は比較的低いことで知られ、自社ムーブメントを高価格で提供する他ブランドと異なる。

設立

1990

本社

ドイツ、グラスヒュッテ


超薄型の自動巻ムーブメント「DUW3001」がデビュー。

自社製エスケープメントを初めて備えたノモス「メトロ」を公開。

ホワイトやローズゴールドのケースに納められた「ラムダ」と「ラックス」モデルをラインナップに加える。

ノモスがETA7001をベースに初の自社製ムーブメントの製造を開始する。