trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
May 31, 2020

カシオ計算機が手掛ける、唯一無二のタフネスウォッチブランド「G-SHOCK」。

設立

1983

本社

日本、東京


現在にまで続く、マルチバンド6の電波受信に対応。世界で初めて搭載した。

初のフルメタルG-SHOCKであるMRGが登場。当時はデジタル表示を採用していた。

フロッグマンの初号機が誕生。ISO準拠の防水性能を備えたプロスペックを実現。

初めて温度センサーを内蔵したDW-6100を発表。-20〜60℃までの温度を表示可能だった。

初めてのアナログモデルであるAW-500が完成。針を用いたモデルながら、耐衝撃性と20気圧防水を兼備した。

伝説のステージ「ライブエイド」の舞台にあがった、スティングがDW-5200Cを着用。

この年に全米で放映されたテレビCMがきっかけでG-SHOCKの人気が爆発的なものになる。アイスホッケーのパックの代わりに、DW-5200Cをシュートするという内容だった。

伊部菊雄氏を中心として開発された、原点モデルDW-5000Cが誕生。心臓部であるモジュールを点で支える中空構造を採用した、画期的な耐衝撃構造を備えていた。