trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
December 05, 2019
December 05, 2019

Vacheron Constantin

歴史を表示

1755年にジャン=マルク・ヴァシュロンがジュネーブで自身の名を冠して時計製作を開始。1819年にはフランソワ・コンスタンタンが会社に加わり、ヴァシュロン・コンスタンタンが誕生。現在、ヴァシュロン・コンスタンタンは創業以来一度も途絶えたことがない、世界最古の時計マニュファクチュールとして知られる。

設立

1755

本社

スイス、ジュネーブ


ヴァシュロン・コンスタンタンが時計製造を開始してから250周年を迎える。

1.64mmの超薄ムーブメント「キャリバー1003」を発表。

エジプトのファルーク国王のために製作された「グランド コンプリケーション」モデルが完成。14の複雑機構を兼ね備えた懐中時計は、5年間もの製作期間を要した。

ヴァシュロン・コンスタンタンがトノー型ケースを採用したシリーズを発表。今なお人気を誇る新たなケース形状を用いた、先駆け的ブランドの一つである。

ヴァシュロン・コンスタンタンが耐磁時計を初めて発表。このイノベーティブな時計は非磁性体部品で構成され、パラジウム、ブロンズ、ゴールドなどが含まれる。