trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
December 05, 2019
December 05, 2019

1868年、フロレンタイン・アリオスト・ジョーンズがIWC(インターナショナル・ウォッチ・カンパニー)を創立。前職はマサチューセッツ州ボストンにあるE.ハワード&カンパニーの社長だったジョーンズ。彼がIWCを設立したのは、スイスの優れた職人技とアメリカの最先端技術を融合しようと考えたためであり、IWCはスイスのシャフハウゼンに本拠地を置く唯一の時計ブランドである。  

設立

1868

本社

スイス、シャフハウゼン


IWCが「ポルトギーゼ」を発表。2人のポルトガル商人がIWCにマリン・クロノメーター級の精度を備えた腕時計を依頼したことから開発された。この要望に応えるため、精度の高いポケットウォッチ・キャリバーを搭載した大型腕時計を敢えて製造。「ポルトギーゼ」は腕時計として初めて懐中時計ムーブメントを搭載した。

IWC初のパイロットウォッチを開発。回転ベゼルと耐磁構造を備える。

パルウェバーが特許を所有する「デジタル表示方式」をベースにした時計を発表。文字盤には時間の単位を表す「Hours」(時)と「Minutes」(分)の窓があり、針が一周するとその数字が瞬間的にひと目盛り進む画期的な構造となっている。

ヨハン・ハインリッヒ・モーザーがシャフハウゼンに水力発電所を建設。モーザーはジョーンズと共にIWCをシャフハウゼンへ移し、新しい本拠地で水力発電を利用した時計制作を行う。