trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
December 05, 2019
December 05, 2019

Baume & Mercier

歴史を表示

もとは1830年にスイスのレ・ボワにて創設。1918年にジュネーブにて、ウィリアム・ボームとポール・メルシエの指揮の下、現在のボーム&メルシエという名称を掲げる。現在リシュモン傘下となった同マニュファクチュールは、クリフトン、クラシマ、ケープランド、ハンプトンといったラインで知られ、その多くは中価格帯に分類される。

設立

1830

本社

スイス、ジュネーブ


ボーム&メルシエがリシュモングループの傘下に入る。

ステンレススチール製スポーツウォッチの先駆けであるリビエラが発表される。

独特な形状をしたレディースウォッチ、ギャラクシーが誕生。

腕時計の製造技術を認められたボーム&メルシエが、当時の時計産業における世界的権威である「ジュネーブシール」を受ける。