trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
December 05, 2019
December 05, 2019

1881年に服部金太郎が銀座に宝飾店を創業。精工舎の名で1892年に時計の製造に乗り出す。現在、セイコーは完全自社開発の時計製造メーカーとしてよく知られ、時計用潤滑油をも自社開発するほどである。 

設立

1881

本社

日本、東京


セイコーが「スプリングドライブ」モデルを発表。クオーツ クリスタルが使用された機械式時計は、クオーツの正確性を保ちながらも電池交換は不要である。

世界初のクオーツ腕時計「セイコー アストロン」がデビュー。発売当初、新規設計のムーブメントにより高価格で発売されたが、徐々にクオーツの価格は下がり始める。これにより、機械式時計の必要性が問われ、時計業界は混乱に巻き込まれた。今では、クオーツと機械式時計はそれぞれ別のマーケットセグメントにアプローチする。

セイコー初のダイバーズウォッチが誕生。翌年には第8次南極観測越冬隊の装備品になる。

1964年、東京で開催された夏季オリンピックにてオフィシャルタイムキーパーを務める。