trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
December 05, 2019
December 05, 2019

エドワード・ホイヤーが1860年にホイヤー社(Uhrenmanufaktur Heuer AG)を設立。同社はじきに自社開発クロノグラフで、スポーツイベントにおける計時での地位を確立する。1985年にホイヤー社はTAGグループ(Techniques d’Avant Garde)の傘下に入り、タグ・ホイヤーと社名変更。現在はLVMHグループの一員である。

設立

1860

本社

スイス、ヌーシャテル


世界初のベルト駆動式ウォッチ「モナコV4」が登場。

この年に公開された映画「栄光のル・マン」でスティーブ・マックイーンがタグ・ホイヤー モナコを着用したのは有名な話。角型クロノグラフであるモナコは、現在、特別なスティーブ・マックイーンモデルも生産されている。

アメリカ初の有人宇宙飛行を成功させたジョン・グレンの腕に装着されていたのがタグ・ホイヤーのクロノグラフ。

タグ・ホイヤーの「振動ピニオン機構」が、クロノグラフの信頼性を確保する大きな一歩となる。振動ピニオンによりクロノグラフは大幅に改善され、立ち上がりスピードも短縮された。今でも数多くのクロノグラフに使用されている。