trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
May 07, 2021
Introducing ベル&ロス BRV3-94 R.S.20 クロノグラフ

Introducing ベル&ロス BRV3-94 R.S.20 クロノグラフ

ベル&ロスとルノーF1レーシングチームのコラボで生まれたモダンなレーシングクロノグラフ。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 コロナウイルスへの懸念からF1シーズンの開幕が遅れているが、腕時計の世界は前へ進んでいる。ベル&ロスが、ルノーF1レーシングチームとのコラボの一環であるR.S.20コレクションの、最新モデルを発表した。本パートナーシップから生まれた5つめの時計となる。今回発表されたこのコレクションから、SS製、43mmのレーシングクロノグラフを見ていく。

 このブランドは、歴史やヴィンテージに傾倒した時計を魅力的にデザインすることで知られているが、本機はそうではない。代わりにあるのは、ひたむきなパートナーシップがもたらした強烈にモダンなデザインだ。とはいえ、じっくり眺めれば、そこにいくばくかのヴィンテージ風ディテールが散りばめられているのが分かるだろう。

 腕時計と車のコラボという見地から見れば、色の選択から文字盤の数字の形状に至るまで、ここにあるデザインの全てが特有のハーモニーを成している。

ファースト・インプレッション

 もちろん、腕時計とモータースポーツのコラボはこれが初めてではないし、今後も間違いなく多くのモデルが登場するだろう。すぐに思いつくところでは、ショパールのミッレ ミリアやロレックスのデイトナなどが挙げられるが、ベル&ロスは、このカテゴリの時計づくりにおいて、従来の同ブランド特有のデザインの多くを封印している。

 腕時計の中には、その製品とパートナーシップとの関連性を何らかの方法で説明しなければならないものもあるが、本機については、それは説明するまでもなく明白である。腕時計とルノー・レーシングチームのデザイン言語は互いによく共有されており、まるで時計がF1カーのパーツの一部であるかのようだ。

 それはもちろん、やや皮肉めいた気分にもさせる。この特殊な時計が、ベル&ロスの「ヴィンテージ」コレクションの中に収まっているからだ。皆さんのおっしゃりたいことは分かる。これほど際立ってモダンなデザインの時計のどこにコラボ色が出ているというのだろう? これから紹介していこう。

 BRV3シリーズは、43㎜のクロノグラフのみで構成される。他のV3モデルとは異なり、この時計には3つではなく2つのサブダイヤルが付いている。9時位置に30分積算計、そして3時位置にスモールセコンドのカウンターがある。ムーブメントはCal.BR-CAL.301で、これはETA 2984-2を用いる場合のベル&ロスの命名ルールとなっている。これと同じムーブメントは、こちらで取り上げているベル&ロス BR V2 94レーシングクロノグラフにも使われている。

 デザイン面でいえば、相対的にではあるが、このR.S.20は比較的控えめだ。これまでのR.S.モデルでは、文字盤にイエロー、オレンジ、レッド、グリーンのアクセントを採用していた。そういう意味で、今回のモデルはもっと控えめな組み合わせであり、ベル&ロスは、色をイエローのみに絞ることにしたのだ。

 この選択に異議を唱えることはできない。これがこの時計に個性、自信、意義というものを大きく与えている。これまでのモデルなくして、このモデルに到達することはなかったと言うことができ、その意味で、この時計はこれまでのモデルよりも成熟したモデルとして存在しているのだ。

 この時計にはカウントダウン・タイマー付き両方向回転ベゼルがついており、チャプターリングに沿ってケース内側にタキメーター目盛りが配されている。BRV3の他モデルと同様、日付表示の開口部は、4時と5時のマーカーの間に隠すように配置されている。

 というわけで、大きな43㎜のケースをもちながら、イエローのアクセントが配されたモダンなデザイン、というのがこの時計である。しかし、ヴィンテージ要素はどこにあるのか?

 それについては、ベル&ロスは本機の風防の形状を「カーブ」という言い方をしているが、それは、同ブランドが過去に発売してきた他の時計に用いたドーム型クリスタルと同じものを採用したことを意味しているのだろう。また、ダイヤルはテクスチャー加工こそされていないが、マット仕上げになっている。これまでのバージョンにあった6時位置のインダイヤルを無くし、R.S.20では代わりにAutomatic・Chronograph・100mという3行の文字を入れた。

 これらの要素は、いずれもモダンさが際立つ本機において、ヴィンテージ風の美しいコントラストを醸している。時計そのものにヴィンテージ感はないものの、それらがヴィンテージ風のアクセントとなっているのだ。もちろん、これは繊細なバランスではあるが、腕に着けてみれば心躍らせるものであることが分かる。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド:ベル&ロス(Bell&Ross)
モデル名:BRV3-94 R.S.20
型番:BRV394-RS20/SCA
ケース径:43mm
ケース素材:ステンレススティール
文字盤色:ブラック
インデックス:アラビア数字
夜光:スーパールミノバをコーティングしたアプライドインデックス。スーパールミノバをコーティングしたスケルトンメタルの時針と分針
防水性能:100m
ストラップ/ブレスレット:スティール、またはレザー(ブラック―イエロー、カーボンエフェクト加工のカーフスキンレザー)


ムーブメント情報

キャリバー:Cal. BR-CAL.301
機能:時、分、秒、クロノグラフ、30分積算計、日付表示
パワーリザーブ:42時間
巻き上げ方式:自動巻き
振動数:4Hz(2万8800振動/時)
石数:37


価格・発売時期

価格:レザーストラップ 48万円(税抜)、スティールブレスレット 52万円(税抜)
限定:世界限定999本

詳細についてはベル&ロス公式サイトへ。