trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
April 02, 2020
Introducing ブレゲ クラシック 7137

Introducing ブレゲ クラシック 7137

かつての懐中時計を思い起こさせるクラシックなデザインである。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 アブラアン-ルイ・ブレゲは、フランス革命後に時計職人の第一人者として、フランス帝国に仕えた。当時の彼が人生をかけていたのは、精密に時を刻む時計の製造だった。この時計は、まさに235年前にブレゲのブランドを確立したそのアイデアをまさに体現しているのだ。

 ブレゲ クラシック・コレクションの中の1つであるブレゲ 7137は、文字盤全体に複数のギヨシェを取り入れているのが特徴だ。ギヨシェとは、金属に模様を施してハイグレードな装飾に仕上げる丹念なアートであるが、ブレゲではこれを全て手彫りで行っている。

 精密さやデザインでは、シリコン製ヒゲゼンマイ、蓋のない香箱、オフセットしたローターなどが特筆すべきものだろう。ムーブメントは自動巻きキャリバー502.3で、手作業で装飾されている。ムーブメントそのものは際立って厚みが薄く、ダイヤルにはムーンフェイズ、年表示、パワーリザーブ表示、日付表示が配されている。

 ブレゲ クラシック 7137は、懐中時計「ペルペチュエル No.5」、そして1950年代から1970年代にかけてのギヨシェ文字盤とフルート模様を施したケースが特徴的な同社の腕時計からインスパイアされている。本機は技術的に前衛的でありながらも、これまでのヒストリーに多大な敬意を払っているのだ。文字盤のレイアウトからケース、ムーブメントのデザインまで、どの部品もブレゲであることの全てを醸し出している。

 これは、まさにひと時も目を離したくなくなる時計なのだ。

ファースト・インプレッション

 私の父は、35年ほど前に購入したブレゲのドレスウォッチを持っている。ケース径約34mmと今の基準でいえば小さめの時刻表示のみの時計だ。この時計を持ち出した理由は、サイズ、ムーブメント、そして複雑機構などが全く異なるにも関わらず、本機の隣に並べてみれば、ブレゲのデザインのベースや手作業で作られた文字盤が発する見事なクオリティがありありと理解できるからだ。そこには、時計づくりにはしばしば見られることのない、ある程度の一貫性というものがある。

ADVERTISEMENT

 この時計は技術的な革新性と伝統的な職人技とを調和させ、それらをエレガントな、敢えていえばクラシックともいえる組み合わせにして提供している。
 文字盤のギヨシェ装飾には、3つのバリエーションがある。パワーリザーブ表示部分の「パニエ・マイエ(編みカゴ模様)」、日付表示部分の「ダミエ(市松模様)」、そして文字盤の主部分の「クル・ド・パリ(ホブネイル模様)」だ。

 39㎜という大型サイズであることによりブレゲは、文字盤に非常に多くの情報を搭載することを可能にしている。既に述べたとおり、文字盤そのものが意図的に懐中時計の雰囲気を醸しているのだ。懐中時計は、理由があって「懐中」時計と呼ばれていたわけで、200年ほど前にはそれを腕に着けるなど狂気の沙汰に他ならないことだっただろう。ブレゲが文字盤のデザインを全く異なる種類の時計にふさわしく変換し、バランスの取れた控えめなやり方で表現しているという事実に非常に感銘を受ける。彼らが「スイートスポット」と考えるケースサイズに収めることができたのかって? それはそうだろう、そこはインパクトを見せている部分といえるだろう。

7137のインスピレーションの元となったブレゲの懐中時計 No.5。

 各時計には文字盤にシリアルナンバーがふられており、サインが刻まれている。ムーブメントには「コート・ド・ジュネーブ」が施され、文字盤には誰もが知るあのオープンワークが施されたブレゲ針が付いている。クラシック 7137には2つのバリエーションがあり、ブルー文字盤とブルーのレザーストラップが付いた18KWG。そしてシルバーゴールド文字盤とブラウンレザーストラップが付いた18KRGバージョンだ。


基本情報

ブランド:ブレゲ(Breguet)
モデル名:クラシック 7137(Classique 7137)
型番:7137BR/15/9VU
直径 :39mm
厚さ :8.65mm
ケース素材:ホワイトゴールド、もしくはローズゴールド
文字盤色:ブルー、もしくはシルバーゴールド
インデックス:ローマ数字
夜光:なし
防水性能:30m
ストラップ/ブレスレット:ブルー、もしくはブラウンのアリゲーターレザーストラップ


ムーブメント情報

キャリバー:502.3 DR1
 機能:ムーンフェイズ、年、日付、パワーリザーブ表示
 厚さ:3.65 mm
 直径:12リーニュ
 パワーリザーブ:45時間
 巻き上げ方式:自動巻き
 振動数:3Hz(2万1600振動/時)
 石数:37
 その他の詳細:18Kゴールドのローター、手彫りのギヨシェ。自社製のテンワ、裏面にシリコンホーン付き埋め込み型レバー・エスケープメント。フラットなシリコン製ヒゲゼンマイ。


価格・発売時期

価格:433万6000円(税抜・予価)
発売時期:4月以降入荷予定
限定販売:通常ライン

クラシック・コレクションの全商品をご覧になるにはこちらへ。