trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 24, 2020
November 24, 2020
Introducing ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック セラミック

Introducing ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック セラミック

今、再びのフルブラック!

ADVERTISEMENT
クイック解説

 ラインナップのマイナーチェンジをHODINKEEでわざわざ取り上げることは稀です。しかし、今回のオクト フィニッシモはぜひお届けしたいのです。去年、ブルガリがマット仕上げのフルブラックセラミックモデルを同ラインナップに加えました。既に人気のあるモデルにフルブラックのバリエーションを追加するのは歓迎すべきことですが、今回のフルブラックはより注目に値します。ブルガリ曰く、新作は「サンドブラスト‐ポリッシュ」仕上げで、文字通りそれはサンドブラストと鏡面仕上げのコンビネーションです。下の写真からも分かるように、ブラックのマット仕上げを一部保ったまま、ケースとブレスレットに鏡面仕上げが施されています。マットとポリッシュを組み合わせることで、輝きとコントラストを強調し、近年雰囲気がやや定着気味のオクト フィニッシモに新風を巻き起こしたと言っても過言ではないでしょう。

ファースト・インプレッション

 とにかく実物を見てみたいというのが正直な感想です。特に仕上げが念入りに考えこまれた時計にとって、プレスリリースの写真から出来栄えを判断するのは実に難しいからです。光の当て方によって、マットとポリッシュのコンビネーションが如何にコントラストを作りあげるのかも、実物と写真では全く違うのです。そうはいっても、この新作はきっと素晴らしいのだろうと、私はかなり楽観的です。
 我々は以前、セラミックの精密加工がどれほど難しい作業かを紹介したことがあります。ブルガリがそれに何度も挑戦するのはとても素晴らしいことです。仕上げ以外、ダイヤルにもわずかなマイナーチェンジが施されており、サブダイヤルのインデックスはエングレーブに変更されています。ケースからダイヤルまで、今回の新作は大胆でありつつ繊細で、際立つと同時に落ち着いた雰囲気を保ち、あらゆる面で理想的な一本なのです。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド:ブルガリ(Bvlgari)
モデル名:オクト フィニッシモ オートマティック セラミック(Octo Finissimo Automatic Ceramic)
型番:103368
直径:40mm
厚さ:5.5mm
ケース素材:ブラックセラミック、サンドブラストポリッシュ
文字盤色:マットブラック
インデックス:バトンインデックス、12と6時にアラビア数字
夜光:なし
防水性能:30m
ストラップ/ブレスレット:一体型セラミックブレスレット(フォールディングクラスプ)


ムーブメント情報

キャリバー:BVL 138
機構:時、分、秒表示
直径:36.6mm
厚さ:2.23mm
パワーリザーブ:60時間
巻き上げ方式:自動巻き
振動数:3Hz(2万1600振動/時)
石数:36
追加情報:プラチナ製マイクロローター


価格・発売時期

価格:167万9000円(税抜)
限定:限定ではない、通常生産モデル

詳細についてはブルガリ公式サイト