trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
February 20, 2020
February 20, 2020
Introducing ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック サテンポリッシュド スティール

Introducing ブルガリ オクト フィニッシモ オートマティック サテンポリッシュド スティール

ステンレススティールに新しい仕上げを施して再登場したフィニッシモ。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 今週ドバイで開催されているLVMHウォッチウィークで、ブルガリは2017年にチタン製ケースで発売したオクト フィニッシモの新たなバージョンをリリースした。この時計は、非常に印象的かつ独創的デザインであるというだけでなく、ムーブメントも注目に値するモデルだ。キャリバーBVL 138は、当時世界で最も薄い自動巻きムーブメントであり、厚さはわずか2.23mmしかなかった。

 この成果は、ムーブメントの36.60mmという大きな直径とマイクロローターを採用することで成し遂げられた。ただこれは史上最薄の自動巻きムーブメントではない。ピアジェのキャリバー12Pも厚さ2.23mmでマイクロローターも搭載していた。長い間忘れられていたラサール キャリバー2000に至っては、2.08mmの厚さだった。ただし後者は、脆く信頼性が低かったため、生産を継続することはできなかった(ケースからムーブメントを取り外すだけで、修復不能なまでに破損する可能性があったのだ)。

 オーデマ ピゲのキャリバー2120の厚さは2.45mmであり、現在もまだ世界で最も薄いフルローターの自動巻きムーブメントである。キャリバーBVL 138は、世界最薄の自動巻きキャリバーではなくなった。それは、オクト フィニッシモ トゥールビヨン オートマティック(キャリバーBVL 288を搭載、信じられないかもしれないが厚さはわずか1.95mm)が登場したからである。

 オクト フィニッシモがステンレススティールで登場したのは、今回が初めてではない。2018年にバーゼルワールドで登場している。ただし、そのモデルは、サンドブラスト仕上げのSSモデルだった(同年にサンドブラスト ピンクゴールド仕様も登場した)。オリジナルのマットグレーのチタンバージョンと同じ仕上げが施されていた。
 オクト フィニッシモにサテン仕上げとポリッシュ仕上げを組み合わせたのはこれが初めての試みだ。本モデルもムーブメントは、キャリバーBVL 138を搭載しており、これまでと同じくスリムな設計でプラチナ製マイクロローターを採用している。パワーリザーブは60時間である。

 先代モデルよりも大きく改善された点の一つは、防水性能だ。サンドブラストスティールモデルが30mだったのに対して、本モデルは100mにまで防水性能が高められている。

ファースト・インプレッション

 本モデルは、ブルガリが特定の時計に対して行う興味深い取り組みといえる。先代SSモデルのサンドブラスト仕上げは、オクト フィニッシモ コレクションの他モデルと全体的な雰囲気がマッチしていた。この仕上げは、より現代的な素材を用いたフィニッシモ ミニッツリピーター カーボンのカーボンファイバーケースなどでも同様だった。

 異なる素材であっても共通の仕上げを行うことがオクト フィニッシモ コレクションのひとつの重要な特徴だったが、これによって彼らのポートフォリオの中ではサンドブラストのSSスポーツウォッチは埋もれていたともいえる。一部の競合他社に比べてあまり目立つものではなかったのだ(一体型ブレスレットを持つSSスポーツウォッチは、ケースとブレスレットの仕上げの方程式に沿ったものが多い傾向にあるからだ)。

 新しい仕上げが追加されたことは、ユーザーによってオクト フィニッシモを一体型ブレスを持つSSスポーツウォッチの検討候補としやすくなったことを意味するのではないだろうか。定価1万2000ドル(約130万円)というのは、比較的お買い得なラインだ。ロイヤル オーク ジャンボの現在の価格は270万円。ショパール独自のルーセントスティールを採用したアルパイン イーグル 41mmは、147万円である。極薄のSS製スポーツウォッチのジャンルでは、この仕上げのオクト フィニッシモは、特にこの価格帯において、競合モデルはあまり無いといえるだろう。
 別の競合モデルとして、SSのヴァシュロン・コンスタンタン オーヴァーシーズが挙げられ、これは202万円だ。 ただし、オーヴァーシーズで極薄ムーブメント(ヴァシュロン版のAP 2120、VCキャリバー1120)を手に入れたい場合は、18KWGのオーヴァーシーズ・エクストラフラットを(580万円)手にいれる必要がある。オクト フィニッシモは、ジャンボ程の仕上げでは無いが、価格も半分以下だ。お手頃なプライスは嬉しいオプションであることは間違いない。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: ブルガリ(Bvlgari)
モデル名: オクト フィニッシモ オートマティック サテンポリッシュド スティール (Octo Finissimo Automatic Satin-Polished Steel)
型番: 103297

直径: 40mm
厚み: 5.25mm
ケース素材: サテン仕上げとポリッシュ仕上げを組み合わせたステンレススティール; セラミックインサート付きのねじ込み式リューズ
文字盤色: 面取りされたブラックラッカー、ロジウムプレート加工が施された針
夜光: なし
防水性能: 100m
ストラップ/ブレスレット: 一体型のサテン仕上げとポリッシュ仕上げを組み合わせたステンレス製


ムーブメント情報

キャリバー: BVL 138 フィニッシモ
機能: 時間表示(スモールセコンド)
直径: 36.60mm
厚さ: 2.23mm
パワーリザーブ: 60時間
巻き上げ方式: 手巻き機能付きの自動巻きムーブメント、プラチナ製マイクロローター搭載
振動数: 2万1600振動/時
追加情報: 時間表示のみの自動巻きムーブメントの中で最薄


価格・発売時期

価格: 1万2000ドル
発売時期: 未発表
限定: 限定ではない、通常モデル

詳細はブルガリの公式サイトをチェック。