trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 25, 2020
November 25, 2020
Introducing ブルガリ オクト フィニッシモ ミニッツリピーター サンドブラスト ローズゴールド

Introducing ブルガリ オクト フィニッシモ ミニッツリピーター サンドブラスト ローズゴールド

世界で最も薄いミニッツリピーターがローズゴールドを纏った。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 2016年に初登場したブルガリ オクト フィニッシモ ミニッツリピーターは、当時はムーブメントとしても時計そのものとしても最も薄いミニッツリピーターウォッチだった。チタン製ケースの厚さは約6.85mm、搭載するキャリバーBVL362に至っては、わずか3.12mmだった。他の観点からもこの時計は珍しいものだった。時間表示のみのミニッツリピーターは、その構造もデザインも通常は古典的なものが多いものだ(リピーターの製造は、伝統的な複雑時計の頂点にあり、今日まで完全な自動生産化はなされていない)。従来は、ラウンドケースにシンプルなダイヤル、そしてそこに置くパーツに関してもどれも1世紀以上前に言語化、定型化されたものだ。

 しかしブルガリは、オクト フィニッシモ ミニッツリピーターでこの伝統を大きく打ち破ってきた。このデザインは、幾何学的な形式主義に対するポストモダンな動きであり、複雑な構造を持ち素材に関しても非伝統的なものだった。2016年発売モデルはチタン製で、2018年にはカーボン製の非常にエキゾチックなモデルが続いた。

 これまでは、ポストモダンなケースデザインは現代的な素材と組み合わせられてきた。そしてブルガリがフィニッシモコレクションでご覧のように伝統的な貴金属を採用したのは今回が初めての試みだ。

 ローズゴールドを採用するには、ケースに厚みが必要になるのではと考えられるかもしれないが、実際にはそうではないことが証明されている。ローズゴールドケースのオクト フィニッシモ ミニッツリピーターは、厚さはわずか6.90mmで、チタンやカーボンファイバーといった他モデルよりも100分1ミリとわずかに増しただけだ。 

ファースト・インプレッション

 この時計自体は、一見したところ真新しさをあまり感じないかもしれないが、実際にはブルガリの興味深い動きだ。 オクト フィニッシモ ミニッツリピーターは、非常に洗練されたモダンな素材を採用したケース、そして非常に伝統的なムーブメントを持ち魅力的なコントラストを放っている。 この組み合わせは、一部のコレクターにとって非常に魅力的であり、他のコレクターにとって非常に挑戦的であることが実証されているが、概念的にはオクト フィニッシモ ミニッツリピーターの根底にあるものでもある。

 一方でローズゴールドという素材は、リピーターウォッチとしては伝統的な素材だ。歴史的にローズゴールド製のケースは、複雑なリピーターに最適であると考えられてきた(もちろんリピーターのケースを作成するための訓練を受けたものが適切にゴールドを扱った場合であるが)。他の素材では独特の暖かみがありながらクリアに共鳴する音を作り出すのは、不可能ではないにしても困難だ(例えばプラチナであれば、例外はあるものの内部の結晶構造とその密度のためにあまり反響せず比較的静かな音になる傾向がある)。

 ローズゴールドケースにポリッシュ仕上げを施すのは伝統的な手法であるが、フィニッシモコレクションのその他のモデルとの調和を保つためブルガリは本モデルでサンドブラスト仕上げを選択したようだ。これは興味深い仕上げだ。ケースのラインの明瞭さを抑えることができると同時にローズゴールドの輝きも部分的にキープすることができるからだ。

 これは実際に音を聞いた際に最も興味深い時計になるだろう。リピーターのケースは、音質を左右する非常に重要な部分である。このローズゴールドバージョンとチタン、カーボンファイバーバージョンを是非聞き比べてみたい。我々は、2020年中にそれを実現しようと考えている。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: ブルガリ(Bulgari)
モデル名: オクト フィニッシモ ミニッツリピーター サンドブラスト ローズゴールド (Octo Finissimo Minute Repeater In Sandblasted Rose Gold)
型番: 103279

直径: 40mm
厚み: 6.90mm
ケース素材: ローズゴールド
文字盤色: ローズゴールド
インデックス: 切り込みを入れたインデックス(ミニッツリピーターの音が共鳴を増幅するため)
夜光: なし、冗談でしょう?
防水性能: 30m
ストラップ/ブレスレット: マットブラウンのアリゲーターストラップ、18K ローズゴールドの尾錠付き

ブルガリの極薄ミニッツリピーター搭載のキャリバー BVL 362。


ムーブメント情報

キャリバー: ブルガリ キャリバー BVL 362
機能: 時間、ミニッツリピーター
直径: 28.50mm
厚み: 3.12mm
パワーリザーブ: 42時間
巻き上げ方式: 手巻き
振動数: 2万1600振動/時
追加情報: 伝統的な高級時計のムーブメント仕上げ; コート・ド・ジュネーブ、面取り仕上げ、ペルラージュ仕上げ、時分スモールセコンドドライブインディケーション


価格・販売時期

価格: 1900万円(税抜)
販売時期: 3月予定
限定: 限定では無いが、非常に限られた生産数

詳細は、ブルガリの公式ページ