trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
October 29, 2020
October 29, 2020
Introducing リシャール・ミル RM 27-04 トゥールビヨン ラファエル・ナダル

Introducing リシャール・ミル RM 27-04 トゥールビヨン ラファエル・ナダル

パートナーシップ10周年を祝し、テニスからインスパイアされた限定モデルが誕生した。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 2010年にリシャール・ミルは、ラファエル・ナダルとのパートナーシップを発表。手にした瞬間に笑ってしまうほど超軽量なRM 027は、ありえないほどの力が加わるナダルの腕の上という、過酷な環境にも耐えうるタフさと、水にも浮かぶほどの軽さを兼ね備えた驚異的なモデルだ。ナダルとリシャール・ミルの10周年を記念して、RM 027は5代目となるRM 27-04を発表したのだ。

ファースト・インプレッション

 さて、027の非常に短い(ほとんど一瞬だ、本当に)足跡をたどってみよう。2013年のRM27-01、2015年の27-02、2017年の27-03、そして新作の見事なRM27-04が登場。その仕様は一般的なものと比較するとまるでスーパーカーのようにも見える。総重量は? 30g(ストラップを含む)、ケーブルで吊るされた手巻きトゥールビヨンムーブメントはわずか3.4gだ。ケースは、"TitaCarb"と呼ばれる新素材で作られており、過去作と同様に、ナダルがテニスをプレーしている最中に着用するよう設計されている。

 直径38.4mm、全長47.25mm、厚さ11.4mmのRM27-04は、前述のTitaCarb製のスケルトンのトノー型ケースを採用。カーボンファイバーが38.5%加えられているTitaCarbは、370MPaという驚異的な引っ張り強度(3700kg/cm²)を備えている。両面がサファイア風防になっていることで、内部の信じられないほどクールな―そしてテニスからインスパイアされた―ムーブメントのデザインを見ることができる。このムーブメントは、格子状に交差した直径0.27mmのスティール製ケーブルによって吊り下げられており、2つの(赤い)ターンバックルを介して固定されている。

 スティール製ケーブルの編み方はテニスラケットにインスパイアされており、ラケットのように見せているだけでなく、プロのテニスプレイヤーが受ける衝撃やGにも対応できるように、ムーブメントを支える構造に工夫をした。RM27-04のCal. RM27-04は、テストにおいて1万2000Gを超える加速度にも耐えることができたようだ。PVD処理を施した5Nゴールド製の2ヵ所のテンショナーを用いたことで、ケーブルの編み込みがユニークで刺激的な文字盤を形成している。

 この855mm²のメッシュに吊るされたムーブメントは、完全にスケルトン化されたトゥールビヨン搭載の手巻きムーブメントCal.27-04だ。ダークマットで、まるで羽のように軽いケースの両サイドから鑑賞可能である。前述したように、これらの要素が全て組み合わされて、わずか30gという重さになっている。参考までに、僕は最近人気のマイクロブランドのスティール製38.5mmの3針モデルを計測したのだが、それは134gだった。もっと知りたい? 2017年にリシャール・ミルが発表したRM 50-03 マクラーレンF1は、当時世界最軽量のスプリットセコンドクロノグラフだった。重さは40g。初代のRM027の重さがわずか20g(RM027-01は19g)だったため、27-04は少し重いわけだが、これまでのナダルモデルはどれも1万2000Gに耐える性能ではなかった。少なくともRM27-05までは、ここまで物理学を曲げることはできない。

 先にも話したが、自分がリシャール・ミルを所有することは絶対にないという事実にも関わらず、僕は彼らのやっていることやブランドそのものが大好きだ。僕のような人は(実際には現実的なのだが、ロマンチスト的な側面をもっている)、彼らの時計をスーパーカーに重ね合わせて見てしまうかもしれない。僕は彼らが存在していること、そして彼らが特別であることをとても好きなのだ。また僕はテニスには興味が無いのだが、最先端の機械式時計製造と興味深いアンバサダーマーケティングの両面において、これらの時計は非常にクールな一例だと思う。

 価格は1億1500万円(税抜)で、総生産本数はわずか50本。RM 27-04の30gという軽量さは、ごく一部の高級時計オタクにとっては非常に重要な部分だ。それ以外の人は、いつの日かどこかで(テニスコートで勝利を重ねるナダルを見ながら)この時計を目にする可能性があるという希望だけで満足する必要があるだろう。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: リシャール・ミル(Richard Mille)
モデル名: RM 27-04 トゥールビヨン ラファエル・ナダル(RM 27-04 Tourbillon Rafael Nadal)
型番: RM 27-04

直径: 38.4mm
厚さ: 11.4mm
全長: 47.25mm
重さ: 30g (ストラップを含む)
ケース素材: TitaCarb
防水性能: 50m
ストラップ/ブレスレット: ブルーのファブリック


ムーブメント情報

キャリバー: RM27-04
機能: 時、分、トゥールビヨン
直径: 32.75 x 28.95mm
厚さ: 5.84mm
重さ: 3.4 g
パワーリザーブ: 〜38時間
巻き上げ方式: 手巻き
振動数: 2万1600振動/時
石数: 19 


価格 & 発売時期

価格: 1億1500万円(税抜)
発売: 全世界のリシャール・ミルブティックにて
限定: 50本

詳細は、リシャール・ミル公式サイトへ。