trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 30, 2020
November 30, 2020
Introducing セイコー プロスペックス ダイバースキューバ 1965 メカニカルダイバーズ SBDC105、SBDC101、SBDC103、SBDC107

Introducing セイコー プロスペックス ダイバースキューバ 1965 メカニカルダイバーズ SBDC105、SBDC101、SBDC103、SBDC107

セイコーが、国産初のダイバーズウォッチを現代風に再解釈した。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 ここに、何か気の利いたことをたまに書くことがある ―僕の心の中では、ジョークやコメントの一部として機能するもの、または興味をもってもらうための何かを書くのだ。ただし、今日は違う。セイコーが、62MAS(ファーストダイバー)にインスパイアされたプロスペックスSBDCラインの新作を発表したため、わざとネタを練る必要はないのだ。200m防水のダイバーズウォッチである。新しいモデルの4つ全てが40.5mm径のSS製で、以前発表された同じ復刻版のSBDX019よりずっと手ごろな価格で発売される。

セイコーのオリジナルダイバー、6217-8001 別名62MAS(左)と新型プロスペックスSBDC101(右)。

ファースト・インプレッション

 僕の興奮の裏を取るなら、いくつかの文脈を提供することができる。バーゼルワールド2017で、セイコーは初のダイバーズウォッチである6217-8001、通称 "62MAS "の復刻版のようなものを発表した。SBDX019は、セイコーダイバーズの完璧な表現だった。ケースサイズは39.9mm、SSケース、2000本限定、8L35ムーブメントを搭載し、価格は35万円(税抜)。SBDX019は、より親しみやすいざっくりと似た2つのデザイン(ここでのキーワードは「ざっくり」)のモデルと一緒に発表された。2つのモデル、SBDC051とSBDC053は非常に素晴らしい時計だが、42.6mmと大きめで、SBDX019のような魅力を(より予算に合わせたレベルではあるが)引き出すことはできなかった。

ADVERTISEMENT

 次に、105、101、103、107の4つの新しいSBDCダイバーを紹介したいと思う。サイズはセイコーでは珍しい40.5mm(厚さ13.2mm、縦長47.6mm)で、新モデルは、SBDX019とその親愛なる父である62MASに近い文字盤デザインを備えている。

「SBDC105」(左)と「SBDC101」(右)。

 税抜11万円から入手できるSBDC105は、ブラックのシリコンストラップとブラウン/ブロンズのダイヤル、ベゼルまで続くゴールドのアクセントが特徴だ。13万円のSBDC101は、グレー/ブラックのダイヤルと標準的なベゼルの組み合わせで、3連リンクスタイルのSSブレスレットが付いている。また、我々は特別なケースバックとブラウン/グレートーンのベゼルを備えたセイコーブティックエディションであるSBDC103も13万円で手にすることができる。最後に、ブルー文字盤にイエロー/ゴールドのアクセント(プレス画像では分かりにくい)を施したSBDC107は、ブレスレットとブルーのシリコンストラップの両方が付属し、14万円、5500個の限定生産となっている。

ブティックエディションの「プロスペックス SBDC103」(左)と限定モデルの「SBDC107」(右)。

 リファレンスに関係なく、全てのバージョンは、セイコーの "スーパーハードコーティング "と200mの防水性能、ダブルドームと無反射サファイアクリスタル、セイコーのルミブライト夜光を備える。40.5mmのSSケースも共通の特徴だ。
 2万1600振動/時で時を刻み、秒ハック機能、手巻き機能、70時間のパワーリザーブをもつセイコーの自動巻きキャリバー6R35で動作する。価格の割にはしっかりとしたスペックであり、個人的に言えば、62MASとそのスキンダイバー風のケースは手首にとても良いので、これらを実際に見ることを楽しみにしている(そして、SBDX019は縦長ラグからラグまで46mmだったことををお忘れなく)。スペックだけ見れば、これらの新しいモデルは、本当に、本当に有望株だと思う。

 僕の目には、これはサブラグジュアリー市場にとって大きなリリースだと写った。適正なスペックと信頼性の高いムーブメント、そしてハイスペックなSBDX019の3分の1以下の価格を実現しながら、セイコーが誇る最高のダイバーズデザインの1つを復刻してサイズ感と機能性を兼ね備えたダイバーズなのだ。新しいプロスペックスSBDCシリーズは、セイコーのコアとなる魅力を、より小さく、より洗練された形で求めている全ての人のために運命づけられている。僕は早く実物を見たくてたまらないのだ。


基本情報

ブランド:セイコー(Seiko)
モデル名:プロスペックス(Prospex)
型番:SBDC105、SBDC101、SBDC103、SBDC107
直径:40.5mm
厚さ:13.2mm
ケース素材:ステンレススティール(一部硬質コーティング)
文字盤色:モデルによって異なる
インデックス:アプライド
夜光:ルミブライト
防水性能:200m
ストラップ/ブレスレット:ステンレスブレスレットもしくはシリコンラバーストラップ

2017年の復刻モデルSBDX019と新作のSBDC101。


ムーブメント情報

キャリバー:6R35
機構:時、分、秒、日付表示
振動数: 3Hz(2万1600振動/時)
パワーリザーブ:70時間
巻き上げ方式:自動巻き
石数:24


価格・発売時期

価格:SBDC101、SBDC103 13万円
    SBDC105 11万円
    SBDC107 14万円(全て税抜価格)
発売時期:6月下旬
限定:SBDC107のみ5500本限定
 

さらなる詳細についてはセイコー公式サイトへ。