trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 25, 2020
November 25, 2020
Introducing セイコー プロスペックス "ツナ缶" マリーンマスタープロフェッショナル SBBN047とSBBN045

Introducing セイコー プロスペックス "ツナ缶" マリーンマスタープロフェッショナル SBBN047とSBBN045

ファインチューニングが施されたセイコーのプロスペックスダイバー。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 セイコーの他のラインナップにある全ての時計は、2020年に見た目のアップデートが施された。1つの例外、そう"ツナ缶"を除いて。本機は、視覚的には2019年のツナ缶に非常に似ているものの、本モデルに関しては外観は関係ないので問題ないだろう。セイコー ツナ缶のコアにある強み。それは驚くほどの技術力と、飽和潜水作業を行うダイバーのための高い信頼性を誇る道具として真のレガシーであるということだ。

 ご存知のように、そのようなダイバーたちは、血液や生体組織を不活性ガスで飽和させるために高圧居住チャンバーで過ごし、深部で作業し、1度だけ減圧することができる。

 この時計は我々のように休暇を取ってカリブ海に行き、ダイビングを行うようなユーザーのために作られたのでない。これは生計を立てるためにダイビングを行う、商業ダイバーという特定の人たちのために設計されている。彼らのためにセイコーは、これら2つの新作を発表したのだ。1000m防水のSBBN047と300m防水のSBBN045だ。

 この2つのモデルは、プロフェッショナルな役割を担う時計として、クォーツムーブメントCal.7C46を搭載。このムーブメントは高トルクのムーブメントであり、夜光の載った針を簡単に動かすことができるようになっている。また、サファイアクリスタル風防を採用し、ケースにはセイコーのダイヤシールドが施されている。このムーブメントはこれまでもツナ缶で採用されてきているが、最近のツナ缶ではソーラーパワーのムーブメントも使用されている。

 この時計は、徳永幾男氏が手掛けたもので、L字型ガラスパッキンを搭載した初のダイバーズウォッチであり、初のチタン製時計として1975年に初登場した。繰り返しにはなるが、これは改良される前提がなければ、セイコーの技術者やデザイナーによって手が加えられるような時計ではない。そもそも、飽和潜水用のダイバーズウォッチが市場に出ている例はほとんどなく、ツナ缶はその中でもトップをゆく存在なのだ。

 SBBN047は、チタンケースを採用し1000m防水を実現、SBBN045はステンレススティールの特性を活かしつつ300m防水を実現している。前者は25万円だが、SBBN045はチタンとセラミックを使用していないため15万円に抑えられている(全て税抜価格)。

ファースト・インプレッション

 セイコー ツナ缶は、収集家の間でもかなり熱心で忠実なファンを抱える時計だ。シュラウド型のワンピースチタンケースは、決してルックスを重視したものではなかったものの、強烈な個性をもちあわせている。この時計の誕生のきっかけは、飽和潜水ダイバーが時計メーカーに手紙を書くことで新製品が作られていた1968年という時代に、同社に宛てられた一通の手紙から始まった。手紙の送り主は、広島県呉市に住むプロフェッショナルダイバーだった。これによって同社は、深海の過酷な環境に耐えうる市販のダイバーズウォッチが存在しないということを知ったのだ。

 今年の新作時計は、1975年に実現した徳永氏のビジョンに非常に沿ったものとなっている。Cal.7C46は、堅牢で信頼性が高い。この時計が実際に使用される市場では、信頼性の高さが最優先される。実際のオーナーは、確かにコレクターたちが大半を占めているが、数少ない飽和潜水ダイバーにとっては、このモデルこそが必要な道具であり、セイコーがこのように控えめにデザインを手直ししているのは素晴らしいことと言える。

 1975年の発表当初から"ツナ缶"モデルはほとんど変わってないし、理論的にはターゲット市場も変わっていないものの、特に海での時計の役割は劇的に変化している。ツナ缶の位置づけ、というか、この時計における大幅なカラーチェンジや派手なマーケティングキャンペーンを避けてきたことは、現在でも1975年当時の時計であることを示している。2020年、堅牢なクォーツキャリバーの再導入以上に良い変化を、この時計に見ることはできない。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: セイコー(Seiko)
モデル名: プロスペックス マリーンマスタープロフェッショナル
型番: SBBN047、SBBN045

直径: 49.4mm(SBBN047)と 47.7mm(SBBN045)
ケース素材: チタンとセラミック(SBBN047)、ステンレススティール(SBBN045)
文字盤色: ブラック
インデックス: 幾何学的なドット
夜光: あり、ルミブライト
防水性能: 1000m(SBBN047)と300m(SBBN045)
ストラップ/ブレスレット: ラバーストラップ


ムーブメント情報

キャリバー:  7C46
機能: 時、分、秒、日付
パワーリザーブ: 5年の電池寿命
巻き上げ方式: なし、クォーツ
石数:


価格&発売時期

価格: SBBN047: 25万円、SBBN045: 15万円(全て税抜)
発売時期: 発売中

詳細はセイコー公式サイトへ。