trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
January 19, 2021
January 19, 2021
Auction Report パンデミックと戦った医療従事者を称えた、パテック フィリップの懐中時計(19〜20世紀の狭間で)

Auction Report パンデミックと戦った医療従事者を称えた、パテック フィリップの懐中時計(19〜20世紀の狭間で)

歴史はおかしなことを繰り返すものである。

ADVERTISEMENT

ケースバックに刻まれた刻印には必ず物語があるものだが、今回テキサス州のヘリテージ・オークションにかけられている1905年製造のパテック フィリップ製懐中時計に刻まれた刻印の時代性は、2020年の文脈においても特に心を揺さぶられるものがあった。この時計は、1908年にサンフランシスコからブボニック・ペストを撲滅したルパート・ブルー博士へサンフランシスコ市から贈られた懐中時計である。ブルー博士は時代をリードした医師であり、最終的には外科医長やアメリカ医師会の会長にまで上り詰めたという人物だ。

 サンフランシスコでのブボニック・ペストに対する彼の努力は、キャリアの早い時期に始まった。ブボニック・ペストと聞くと、黒死病と呼ばれた14世紀の大流行に関連した、くちばしのついた仮面と黒いローブのイメージを思い浮かべるが、イエシニア・ペスティス菌とそれがもたらす大惨事は、中世の時代に限ったことではない。実際には、1903年2月にサンフランシスコで大規模な発生があったのだ。1907年には地震も発生して、Dr.ブルーは、双方のケースの間に広がっているペストと戦うために科学を用いて最前線にいた男であり、このパテック フィリップの懐中時計は、そのような努力のために特別に受け取ったものである。

 2017年にパテック フィリップから取り寄せたアーカイブの抜粋によると、ブルー博士に贈られた懐中時計は、16リーニュでミニッツリピーター、スプリットセコンド・クロノグラフ、レバー脱進機が備わったムーブメントを使用している。45mmのケースは18Kイエローゴールド製、文字盤はエナメル製で、“Shreve & Co. ”のサインが入っている。1894年に設立されたこの宝石店は、サンフランシスコで最も古い商業施設の一つである。ただし、1882年に販売された懐中時計には、既に「Shreve & Co.」のサイン入り文字盤が確認されているようだ。1894年以前のパテック フィリップの懐中時計は、ボストンのShreve, Crump & Lowと同じ一族のShreve & Co.の前身であるShreve Jewelry Companyによって販売されていた。

 パテックの専門家であるジョン・リアドン氏によると、「20世紀の前半には、名誉ある市民や医師、ビジネスマンなどへの贈呈品として時計を贈るのが一般的でした。引退や記念イベントのためのプレゼントが多いですね」。Collectability.comの創設者であるジョンは、一般市民に時計を贈るという習慣を実証するために、彼が現在持っている懐中時計を紹介している。ブルー博士に贈られた時計と同様に、この時計もShreve社から購入したものだ。この懐中時計は プラチナ製だが ブルー博士のものは 18Kゴールド製だ。

 ブルーに贈られた懐中時計の銘文にはこう書かれている。

 ルパート・ブルー外科医へ。サンフランシスコ市、米国公衆衛生局と海兵隊病院局。1908年の公衆衛生の指揮による市への貢献に感謝の意を表して。

 1908 年までには、ブルー博士は既に多くの称賛を受けていた。上記の刻印の中で、U.S.P.H.とM.H.S.は、米国公衆衛生局とその後継機関である海兵隊病院局への彼の貢献を示しており、外科医としての任務に就いていたことを示している。サンフランシスコでは、彼は救世主として多くの人々に愛されていた。科学を駆使して正確なデータを追求した彼の並々ならぬ努力に加えて、ペストはチャイナタウンで発生したが、実際にはネズミが蔓延していたという一般的な意見を覆すために戦った。

 ブルー博士はサンフランシスコの疫病を撲滅した功績で地元では知られていたが、アメリカで有名になったのは10年後のことで、その頃にはアメリカの外科医長代理にまで上り詰めていた。

1918年のスペイン風邪流行時のカンザス州キャンプ・ファンストンでの様子。画像提供:The National Museum of Health and Medicine

ADVERTISEMENT

 1918年、スペイン風邪がアメリカに蔓延、このウイルスは経済を停止させ、現在のように国民全員がマスクを着用して避難することを余儀なくさせた。多くの人命が失われたことは衝撃的で、その年、約67万5000人のアメリカ人がウイルスに感染し、世界では2000万人から5000万人が感染した。想像するのは難しいが、もし当時の外科医長代理であったブルー博士の活躍がなければ、スペイン風邪の大流行時にはもっと多数の犠牲者が出ていたかもしれない。

ルパート・ブルー博士 画像提供:The Library of Congress

 戦時中の複雑な要求にもかかわらず、ブルー博士は公衆衛生局の役割を拡大し、志願医務隊を動員することに成功した。1918年10月5日、ブルー博士はスペイン風邪の流行に劇的な影響を与えた命令を下した。彼は、全ての学校、劇場、サロン、レストラン、公共の集まりのあらゆる場所を閉鎖するように命じたのだ。これは、科学が今日のようなものではなかった時代であることを忘れてはいけない。それは大胆な行動だった。
 パンデミックが終わると、ブルー博士は仲間の医療専門家で士官予備軍のウィリアム・ウェルチ大佐に手紙を書く。"今回の伝染病は、公衆衛生において、各緊急時に利用できる恒久的な組織の必要性を実証しました"。残念なことに、彼の嘆願は、国が第一次世界大戦中に耐えた苦しみからまだ立ち直っている最中だったため、研究や準備の拡大が実現することはなかった。

 医学界以外では、Dr.ブルーの仕事はあまり知られていないが、パテック フィリップの懐中時計をとおして、私たちは自分たちの現在の現実と容易に比較できる世界を覗き見ることができるだろう。パンデミックが過ぎ去った後、特定の医師や官僚は確かにCOVID-19との戦いでの役割を評価されることになるはずだ。
 しかし、よくも悪くも前世紀のある時点で、パテック フィリップを贈るという伝統は消えてしまった。もう一桁違っていたとしても、一度の景気刺激策では現代のパテック フィリップの時計を購入することはまずできない。

 現在のLot #54052の入札額は、執筆時点で2万2000ドルとなっています。オークションはこちらから閲覧でき、6月9日まで入札可能となっている。画像提供:Heritage Auctions