trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
May 07, 2021
Introducing ベル&ロス BR 03-92 ダイバー フル ラム&ダイバー ブルーブロンズ 999本限定の2020年新作

Introducing ベル&ロス BR 03-92 ダイバー フル ラム&ダイバー ブルーブロンズ 999本限定の2020年新作

ベル&ロスから夏を感じさせるBR 03ダイバーシリーズに、夜光とブロンズが個性を主張する世界限定モデルが登場。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 BR 03-92ダイバーは2017年にベル&ロスが発表したダイバーズウォッチで、近年の同社のリリースの中でも傑出したコレクションである。ベル&ロスのアイコンともなっている角型ケースを採用しながら、ISO6425に準拠したダイバーズ規格を満たし、300mの防水性能を宿す驚異のスペックを誇っている。

 今回リリースされたのは、ダイバーズウォッチの常識を覆すような発想が盛り込まれたBR 03-92 ダイバー フル ラムと、それとは対照的にタウンユースによりマッチしそうなBR 03-92 ダイバー ブルーブロンズだ。スペック面では両方とも共通しており、42mmの角型ケースに300mの防水性能、視認性の良いアプライドインデックスを備え、内部には自動巻きCal.BR-CAL.302を搭載している。

BR03-92 ダイバー フル ラム

 ダイバーズウォッチは海中での視認性を担保するため、黒(もしくはダークトーン)の文字盤に夜光塗料が塗布されたインデックスと針を組み合わせ、コントラストを高めることでそれを実現するのが一般的だ。しかし、このBR 03-92 ダイバー フル ラムは、一見、全くコントラストがあるようには見えない。ベル&ロスは色調の異なる2つのスーパールミノバを用い、暗所での視認性をもたせることに挑戦したのだ。文字盤のベースにはグリーンのスーパールミノバC5を塗布し、インデックスとベゼルにはより明るいスーパールミノバC3を採用。文字盤そのものが明るく発光することで根本的な視認性を高めるというアプローチはあまり例がなく、非常に独創的でチャレンジングだといえる。

BR03-92 ダイバー ブルー ブロンズ

 一方、BR 03-92 ダイバー ブルー ブロンズは、2019年に話題となったブロンズ仕様の人気モデル。これまでのブラックやカーキなどマッシブなカラーに加え、鮮やかなネイビーブルーを採用したモデルが登場した。明るめの金色であるブロンズケースとブルーが好相性で、夏の強い陽射しに映えそうな1本である。

ファースト・インプレッション

 ベル&ロスのダイバーズは基本的にISO6425に準拠したものであり、プロが求めるスペックに対応したものだ。当然、今回のBR 03-92 ダイバー フル ラムもそれに該当するのだが、実機を見ていない今(見たとしても海中で試用しないことには真の実力は分からないだろうが)この仕様で暗所での視認性がどの程度優れているのかは不明だ。

 ちなみに、ISO6425とは以下の11項目を満たすことが求められる。
1 誤操作や逆回転を防止する機能をもつ回転ベゼルを備える
2 暗所で25cmの距離から時刻や時計の作動状態、セット時間などが読み取れる
3 耐磁性として4800A/mの直流磁界中で作動できる
4 硬い木の面に1mの高さから落としても耐えられる耐衝撃性(ISO1143規格)
5 3%の食塩水の中に24時間放置しても大きな異常がなく、かつ回転ベゼルなども正常に作動する耐塩水性
6 水深30cmで回転ベゼルやスイッチなどの操作が必要な機構が正常に作動する、水中操作性
7 水深30cmで50時間の浸漬試験後にガラス面に曇りが発生せず、機能が正常である
8 バンドを締めた状態で200N(約20kg相当)の力で引っ張っても耐えられる。リューズに5N(約500g相当)の外力を加えた状態で、1.25倍の水圧中に10分間保持されても異常がない
9 40℃の水中に10分間、5℃の水中に10分間という温度変化に耐えられる、かつ時計内部への浸水がない
10 表示圧の1.25倍の圧力を水中で2時間加圧しても時計内部への浸水がなく、加圧中、試験後も時計が作動し続ける
11 飽和潜水用時計については、別に定められたヘリウム混合ガス加圧試験を実施し、異常がないこと

 視認性に関する項目は(2)だが、暗所で25cmの距離から時刻等をきちんと認識できることとなっている。

BR03-92 ダイバー フル ラム
暗所でのBR03-92 ダイバー フル ラム

 ベル&ロスは今年、またトーンの異なるスーパールミノバを用いたBR 03-92 HUD限定エディションを発表している。その時計は戦闘機のヘッドアップディスプレイからインスパイアされたもので、このBR 03-92 ダイバー フル ラムと同様、ルミノバの発光を中心に据えたデザインで表現されていた。これはもはやベル&ロスのデザイン言語として、今後キラーウォッチを作り続けるカギになる可能性があると思う。

 僕自身、ダイバー フル ラムにしてもHUD限定エディションにしても、このようなコンセプトの時計は見たことがない。ダイバーズやパイロットウォッチとしての要件を満たしながら、その意匠は明らかにツールウォッチのそれではないのだ。そこには現代的な解釈があるように思える。ベル&ロスの理念として"形は機能に従う"というものがあるが、これらの時計はそこから表現されるものをアップデートしていると言えるだろう。

ADVERTISEMENT
BR03-92 ダイバー ブルー ブロンズのリストショット
BR03-92 ダイバー ブルー ブロンズ

 BR 03-92 ダイバー フル ラム、BR 03-92 ダイバー ブルーブロンズ共に世界限定999本。50万円台でここまで心踊るコンセプトが盛り込まれた時計はそう多くない。特に全く新しい意匠を纏ったBR 03-92 ダイバー フル ラムは、ぜひとも手にとってみたい1本だ。


基本情報

ブランド:ベル&ロス(Bell&Ross)
 

モデル名: BR 03-92 ダイバー フル ラム、BR 03-92 ダイバー ブルーブロンズ
型番:BR 0392-D-C5-CE/SRB(ダイバー フル ラム)、BR 0392-D-LU-BR/SCA(ダイバー ブルー ブロンズ)

直径: 42mm
ケース素材: マットブラックセラミック(ダイバー フル ラム)、ブロンズ(ダイバー ブルー ブロンズ)
文字盤色: スーパールミノバ加工を施した夜光グリーン(ダイバー フル ラム)、ブルー(ダイバー ブルー ブロンズ)
インデックス: ドット、バトン
夜光: あり。針、インデックス。BR 03-92 ダイバー フル ラムは文字盤全体
防水性能: 300m
ストラップ/ブレスレット:ウーブン ブラックラバーとシンセティックファブリック(ダイバー フル ラム)、ブルーカーフレザーとブルーラバー(ダイバー ブルー ブロンズ)

BR03-92 ダイバー フル ラムのリストショット
BR03-92 ダイバー フル ラム

ムーブメント情報

キャリバー: Cal.BR-CAL.302(SW300-1ベース)
機能: 時、分、秒、日付
 

パワーリザーブ: 約40時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万8800振動/時
石数: 25
クロノメーター認定: なし


価格・発売時期

価格: BR 03-92 ダイバー フル ラム  55万円
BR 03-92 ダイバー ブルーブロンズ  52万円(全て税抜)
販売時期: 発売中
限定:共に世界限定999本

詳細は、以下をクリック。

BR 03-92 ダイバー フル ラム
BR 03-92 ダイバー ブルーブロンズ