trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
August 04, 2020
Introducing IWC ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア 「Mission Accomplished」 2020年新作

Introducing IWC ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア 「Mission Accomplished」 2020年新作

スピットファイアで発表された限定トリビュートウォッチでG-IRTYの機体に別れを告げる。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 昨年8月5日、パイロットのマット・ジョーンズとスティーブ・ボールトビー・ブルックスは、彼らの旅のために特別に改造された76年の歴史を持つ機体、ビッカース・スーパーマリン・スピットファイアに乗って、イギリスのグッドウッド飛行場から全世界2万7000マイルの旅へと飛び立った。タイムゾーナー・スピットファイア・ロンゲスト・フライトは、この記録的なフライトの始まりを記念した登場したが、このたび、旅の終わりを告げる時計が発表された。今回は、ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア 「Mission Accomplished」をご紹介する。

ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア 「Mission Accomplished」の正面

 2人は12月5日にグッドウッド飛行場に戻り、20ヵ国以上を巡った4ヵ月間の空の旅を終えてミッションは無事に成功。旅の間には天候による様々な困難があったが、チームはその全てを乗り越えたのだ。日本の花巻空港で行われた50時間に及ぶ整備点検では、G-IRTYと呼ばれていたこの機体(シリアルナンバーを参照)が見事に検査をパスしたと報告された。この飛行機は、残りの旅の間安全なままであった。
 このビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア 「Mission Accomplished」は、スピットファイアのシルエットをモチーフにしたエングレービングがケースバックに刻印されており、この旅の成功を祝福している。また、チタン製ケースバックの窓からはパワーリザーブ表示を見ることが可能だ。この記念すべきモデルは500本のみが限定生産される。

マット・ジョーンズ

マット・ジョーンズ、「ロンゲスト・フライト」を達成したシルバー・スピットファイアのパイロット。

ファースト・インプレッション
ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア 「Mission Accomplished」の裏側

 スピットファイアが英国の反発心と不動の精神を体現していることにちなんで、シルバー・スピットファイアは鏡面仕上げに磨き上げられたが、多くのスピットファイアには航空機生産省の指定によるダークグリーンとダークアースのカラーリングが施されていた。この時計の文字盤も同様のトーンで仕上げられており、限定モデルではないスピットファイアの多くのモデルと同様に、ケースは時間の経過と共に色あせていくブロンズで仕上げられている。本機はコレクションの他のモデルと同じく、精神的にも視覚的にもスピットファイアと完璧に調和しているといえる。

5900シリーズのキャリバー

5900シリーズのキャリバー。

 内部には、IWCの手巻きキャリバー59235が搭載されており、最大8日間のパワーリザーブを備えている。また、12時位置には大きな日付表示が配されており、再び巻き上げが必要になるまでの日数をカウントダウンすることもできるが、もちろん、前述のとおりケースバックからパワーリザーブ表示を確認することが可能だ。

 スピットファイアの機体には、1942 年に就役したスピットファイアMK VIIのように加圧キャビンを装備したものもあるが、これは高高度戦闘機のプラットフォームとして設計され、空気の薄い場所で運用されていたためだ。理論的には、気圧が非常に低い高高度でスピットファイアのバブルキャノピー(戦闘機の半球型に張り出した窓)が破損すると、時計のクリスタルが外れてしまう可能性がある。時計内部の環境と減圧されたコクピットとの圧力差で、ガスケットからクリスタルが押し出されてしまうのだ。アクリルガラスが多く採用されていた時代には、このようなことはよくあったことだ。
 しかし、この新しいモデルでは、急激な圧力の変化にも耐えられるよう改良されている。IWCは、圧力が急激に変化してもクリスタルがしっかりと固定されるような、ガスケットとケースの構造を設計・採用したのだ。しかし、もしそんな事態に陥った場合、パイロットはもっと大きな問題に悩まされることになるだろう。

 この時計の発表に合わせて、パイロットのマット・ジョーンズがIWCの新しい取り組みである「TIME WELL SHARED(タイム・ウェル・シェアード)」に参加している。このプログラムは、世界的な健康危機の中で、IWCのブランド・アンバサダーや従業員、パートナー企業のメディアを紹介することで、精神を高揚させることを目的としている。また、この活動に対して寄付をすることも可能で、その収益金は公益社団法人セーブ・ザ・チルドレンに寄付される。この活動の一環として、このビデオでは、ジョーンズが「ロンゲスト・フライト」での試練と苦難を語っている。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: IWC
モデル名: ビッグ・パイロット・ウォッチ・ビッグデイト・スピットファイア 「Mission Accomplished」
型番: IW510506

直径: 46.2mm
厚さ: 15.2mm
ース素材: ステンレススティール
文字盤色: スピットファイアグリーン
インデックス:プリントされたアラビア数字
夜光: あり
防水性能: 6気圧
ストラップ/ブレスレット: フリーガースタイルのレザーストラップ


ムーブメント情報

キャリバー: 自社製Cal. 59235
機能: 時、分、秒、ビッグデイト、パワーリザーブインジケーター
パワーリザーブ: 8 日間 (192 時間)
巻き上げ方式: 手巻き
振動数: 4 Hz (2万8800 振動/時)
石数: 30
追加情報: 軟鉄製インナーケースによる耐磁性


価格・発売時期

価格: 176万円(税抜)
販売時期: オンラインとブティック
限定: 500本限定

詳細は、IWCの公式サイトをご覧ください。