trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble shopping-bag

Introducing シャネル プルミエール カメリア コレクション 2021年新作

メゾンのエッセンスを集めた限定版。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 チャーミング(もちろん魅力的)!  シャネルの新しいプルミエール ウォッチ、カメリア コレクション(エクストレ ドゥ カメリア;椿のエキス) は、ブランドのシンボルである椿の花に遊び心とひと捻りが加えられた。

 この最新作では、ガブリエル・“ココ”・ シャネルのお気に入りの花が、リューズに配されたゴールド製のチャームに描かれている。ブラックダイヤルバージョンでは花の中心にブリリアントカットのダイヤモンドが1石配置されているが、ジュエリーダイヤルバージョンでは、パヴェダイヤモンドで覆われたダイヤルと煌びやかなチャームが、ココが長年住居としていたパリの名門ホテル、リッツでのブラックタイ・ソワレに相応しい雰囲気を醸し出している。さらにスタイルを完成させるため、チャームがついたオープンリングまで用意されている。 

 ココ自身がかつて言ったように 「女は同時に2つのものでなければならない:品があることと素敵であることよ!」

Chanel
ファースト・インプレッション

  J12が登場する以前、シャネル初のウォッチ コレクションとして1987年に発表されたプルミエール。30年以上にもわたって、プルミエールを魅力的なウォッチとして発信し続けるのは容易ではないだろう。しかしシャネルのデザイナー達はやってのけている。ミニマルなLBD(Little Black Dress)のブラックダイヤルモデルから、セクシーなスケルトンモデル、バゲットカットダイヤモンド、サファイア、エメラルドが惜しげもなく散りばめられた、レッドカーペットに着けていけそうなハイジュエリーのフライングトゥールビヨン(オートクチュールの夜会ドレスに相当)まで、様々なコレクションを送り出してきた。

 カメリア コレクションは、それまでのプルミエールと同様に、シャネルの象徴的なデザインを見事に表現している。オクタゴンケースは、ブランドの精神的な故郷であるパリ・ヴァンドーム広場の輪郭を表している。そこにはシャネルが1971年に亡くなるまで数十年もの間いくつものスイートルームに住んでいた、リッツ・パリがあるのだ。

Chanel

 この象徴的なケースの形は、1920年代にデビューした彼女の伝説的なパフューム、シャネル No.5に由来している。売り上げが伸びるにつれオリジナルのボトルは姿を進化させた。宝石のようにカットされ、上から見たパリのランドマークのような形をした重厚なガラス製ストッパーを載せたものとなった。

 デザイナーの椿への愛着を語る上で、いくつかの逸話があるという。その一つは、多感な13歳のとき、シャネルがアレクサンドル・デュマの『椿姫』(英語圏の観客にはカミーユの名で知られている)を観て、マルグリット・ゴーティエ役を演じたサラ・ベルナールに魅了されたというものだ。

 もう一つの逸話は、彼女と同時代のパリジャンであるマルセル・プルーストとその仲間のダンディな男性達が、洗練、結束、そして曖昧さを象徴する椿を襟元につけていたことに由来する。シャネルはその流行を取り入れ、ノルマンディーのエトルタの海辺にいたときに、ブルトンストライプシャツ(ボーダー柄のシャツ)のベルトに椿の花をあしらった。

Chanel

 彼女は1923年に初めて、シフォンのドレスにこのお気に入りの白い花をピンで留めた。それ以来、この花は刺繍、プリント、彫刻など数え切れない手法で取り入れられ、シフォンやツイードのような布地から、ダイヤモンドをあしらった18Kゴールドはもちろん、セラミック、サファイアに至るまで、様々な素材で採用されてきた。

 「ありふれた単調なものに費やす時間はありません 」とシャネルはかつて語った。「仕事のための時間があるだけです。そして愛のための時間。それ以外の時間はありません」

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: シャネル (Chanel)
モデル:  プルミエール カメリア コレクション
型番:  H6361 (ブラックダイヤル) 、 H6362 (ダイヤモンドダイヤル)

直径:  19.7mm×15.2 mm
厚さ:  7.8mm
ケース素材:  18Kイエローゴールド、チタン製ケースバック
文字盤色: ラッカー仕上げのブラックダイヤル、または116個のブリリアントカットのパヴェダイヤモンド(約0.37カラット)をあしらったダイヤル
防水性能: 30m
ストラップ/ブレスレット:  ベルベットタッチのブラックラバーストラップ、18KYG製折りたたみ式バックル 

チャーム:  ブラックダイヤルには1つのダイヤモンド(約0.04cts)のついた18KYGチャーム、ダイヤモンドダイヤルには26個のダイヤモンド(約0.12cts)のついた18KYGチャーム

Chanel

ムーブメント情報

キャリバー: 高精度クォーツムーブメント
機能: 時、分表示


価格&発売時期

価格: 73万5000円(H6361)、147万円(H6362) 共に税抜価格
限定:  各1000本。※1月3日、シャネル銀座 先行発売、 1月29日 全国発売

詳しくはシャネルの公式サイトをご覧ください。