trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 28, 2020
November 28, 2020
Introducing HYT FLOW コレクション 2020年新作

Introducing HYT FLOW コレクション 2020年新作

HYT独自のライティングモジュールを搭載した新コレクション登場。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 時刻表示に液体を使った革新的な腕時計を製造するメーカーとして知られるHYTは、これまでの同社のノウハウを生かしながら、オンデマンドで光を生み出すという独自の技術を組み込んだFLOWコレクションを発表しました。同コレクションには、FLOW ETERNITYとFLOW INFINITYの2モデルが内包され、各25本の限定モデルとなっています。

FLOW ETERNITY

FLOW INFINITY

 FLOWコレクション最大の特徴は、機械式光モジュールを搭載している点。4時位置にあるプッシュボタンリューズを巻き上げることで、同社がマイクロジェネレーターと呼ぶ独自の発電システムが充電され、プッシュボタンを押すと文字盤中央下部が発光します。ETERNITYとINFINITYの基本的なスペックは同じですが、発光部分による光の演出が異なります。

 ETERNITYは13個のLEDによって、文字盤中央下部に73個のバゲットダイヤ(合計1.7ct)で構成されたドームを発光させる一方、INFINITYは8個のLEDによってサークル側面の開口部から光が放たれるようデザインされています。光は、プッシュボタンリューズを1回押すことで2秒間点灯(リューズを巻き上げるまでに最大4 回)、押し続けることで最低8秒間点灯します。

 HYTに詳しい読者の方であれば、ライティングモジュールは既にH4というコレクションでも同様に採用されていたと思われるかもしれません。同社によれば、どちらも特許取得したもので確かに技術的に似通っている部分もあるものの、H4では2つだったLEDをFLOWコレクションでは最大16のLEDを点灯させられるように変更されているとのこと。コレクション自体も別のものであり、H4からのエクステンションではないようです。

 ケースはステンレススティール製で、直径51mm、厚さ20.05mm。内部には機械式手巻きムーブメントCal.401を搭載。2万8800振動/時で駆動しパワーリザーブは65時間。ロジウム製のブリッジには薄くサンドブラスト仕上げが施されています。

 価格は、FLOW ETERNITYが2142万円、INFINITYが1136万円で、どちらも2020年11月発売予定です(全て税抜価格)。

ファースト・インプレッション

 HYTが、これまで液体を用いた時刻表示取り組んできた理由の1つは、時間の本質的な動き―川のように流れていく様―を高度なテクノロジーによって表現するためでした。新作のFLOWコレクションは、コレクション名にFLOW(流れ)とあるように同社のフィロソフィを多くの部分で体現しています。

 同社のシグネチャーである液体による時刻表示は言うまでもありませんが、ケースや文字盤からも同様の印象を受けます。文字盤は、一部がスケルトン化されており、水の雫が落ちて波紋が広がっているようにも見えます。10時位置にはオレンジ色のディスク(INFINITYは赤色)で表現されたスモールセコンドがあり、回転する度に表情が変化するのが特徴です。

 ケースは、真横から見るとドーム型の風防が非常に滑らかでオーガニックシェイプを感じさせ、ケースサイドは波のようなアシンメトリックなデザインが。どこをとっても全体的に流れるような流線で構成されています。

 また、今作の最大の特徴である機械式の光モジュール。これも人間の目で見て分かるものではありませんが、波形のデザインを用いていて表現の1つとなっています。

 HYTのFLOW ETERNITYは、GPHGの特別な機械機構、あるいは独創性や希少性を極めるコンセプトをもつ腕時計を対象とするメカニカル・エクセプション部門にもノミネートされています。同社の時刻表示への独自のアプローチやテクノロジーからどんな時計が生み出されていくのか、今後も楽しみでなりません。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: HYT
モデル名: FLOW ETERNITY / FLOW INFINITY
型番: H02464(ETERNITY)/ H02593(INFINITY)

直径: 51mm
厚さ: 20.05mm
ケース素材: ステンレススティール
文字盤色: オープンワーク(ETERNITY: チャコールグレー / INFINITY: オパーリン)
インデックス: アラビア数字
夜光: あり
防水性能: 50m
ストラップ/ブレスレット: ラバーストラップ(ETERNITYはオレンジ、ブルー、またはブラック / INFINITYはレッド、またはブラック)


ムーブメント情報

キャリバー: HYT Cal.401
機能: 時(ブルーの液体によって表示)、分、秒、パワーリザーブ、機械式ライティングモジュール(特許取得済み)
パワーリザーブ: 65時間
巻き上げ方式: 手巻き
振動数: 2万8800振動/時
石数: 35


価格・発売時期

価格: ETERNITY: 2142万円 / INFINITY: 1136万円(全て税抜)
販売時期: 2020年11月
限定: 各25本限定

詳細は、HYT公式サイトへ。