trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
January 28, 2021
January 28, 2021
Introducing MB&F レガシー マシン サンダードーム(編集部撮りおろし)

Introducing MB&F レガシー マシン サンダードーム(編集部撮りおろし)

2ケージ関連式の3軸トゥールビヨンという驚くべき構造が生まれた。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 いったいどこから始めれば良いのだろうか。あなたが目にしているのは、MB&Fの型破りで独創的な職人たちが手がけた最新のレガシー マシン、その名もLM サンダードームだ。この時計にはぴったりの名前である。2018年にリリースされたフライングT(FlyingT)の高みのあるドーム型ケースの流れをくむサンダードームは、エリック・クドレ(Eric Coudray)とカリ・ヴティライネン(Kari Voutilainen)のコラボレーションによる作品である。斜めにセットされた白い文字盤はラッカー塗装仕上げで、この時計のハイライトは何といってもその裏から覗く3軸トゥールビヨンである。文字盤よりも一段高くそそり立つこのトゥールビヨンは、高いドーム型の薄いサファイアの層をかすめるように大胆に格納されている。

 MB&F TriAxと呼ばれるこのトゥールビヨンは、これまでで初となるデザインで、それぞれの軸が異なる速度で動作し、2つのケージとの組み合わせによりできている。TriAxの構造を間近に見ることが可能で、固定式ガンギ車を使用しているポッターエスケープメント(脱進機)を組み込んだ構造となっている。この結果、TriAxの中核部が8秒で1回転、真ん中のケージが12秒で1回転、外側のケージが20秒で1回転するという、これまでのトゥールビヨンの速度をはるかに上回る性能を実現した。

 TriAxのメカニズムを支えているのは、ヴティライネンの卓越した技が作り出すムーブメントだ。丹念に仕上げられたその美しき構造のムーブメントは、テンプと公差を可能な限りコントロールできるようにカリ自らが手描きでデザインしたものだ。非常に異なる価値観を持った二人が手がけた作品にもかかわらず、サンダードームには一体性、美しいデザイン性、そして驚くべき職人技が感じられる。現代のハイレベルな時計製造技術を形にした最高かつ劇的な例と言える。

ファースト・インプレッション

¥ 申し上げにくいが、サンダードームを見て笑みが浮かばない方はへそ曲がりですよ、ひねくれ屋さん。僕はほぼすべてのレガシー マシンを実際に見てとても感激したが、それはまるで魔法を手にしているような気分だった。どれもがエンジニアリング、また、卓越したトップレベルの職人技と考え抜かれたデザインが生んだ創造力の賜物といえる。サンダードームは機械工学とトゥールビヨンデザインの両面において新天地を切り拓く時計だ。ここ10年の間、トゥールビヨンのコンセプトはますます見かけだけのもの(名ばかりもほぼ同然)になってしまったが、巨匠たちがタッグを組み刺激的な新しい作品を創造するのを見るとやはり心が震える。あなたにTriAxは必要のない(僕にも必要ない)ものと思うが、彼らが手間暇かけてわざわざこれを作り出したのは、僕にとって喜びであるのは間違いない。

 このタイムピースは、プラチナ製のモデル(ライトブルーのギヨシェ彫り文字盤バージョン、価格は約3100万円)が限定33本で、ほか販売店のアワーグラス向けにタンタル製ケースのモデルが10本(ダークブルーのギヨシェ彫り文字盤バージョン5本、アベンチュリン文字盤バージョン5本)。(僕自身も含めて)僕たちの多くはサンダードームの実物を目にすることはおそらく一生ないと思うが、3つの軸をすばやく回転させながらこの世界のどこかで時を刻んでいると思うと嬉しくなる。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド:MB&F
モデル名:LM サンダードーム(LEGACY MACHINE THUNDERDOME)
 

直径:44mm
厚さ:22.2mm
ケース素材:プラチナまたはタンタル
文字盤色:ライトブルーのギヨシェ彫り(プラチナ製モデル)、アベンチュリンまたはダークブルーのギヨシェ彫り(タンタル製モデル)
防水性能:30m
ストラップ/ブレスレット:ブルーアリゲーター(ケースと同じ素材のフォールディングバックル付)


ムーブメント情報

キャリバー:LM サンダードーム エンジン
機構:時、分表示、パワーリザーブ、3つのそれぞれ異なる速度で動作する3軸の規正機構を中心部に露出配置
パワーリザーブ:45時間(香箱3つを搭載)
直径:35mm
巻き上げ方式:手巻き
振動数:2万1600振動/時
石数:63
追加情報:エリック・クドレとカリ・ヴティライネンによる共同デザイン


価格・発売時期

価格: $280,000(約3100万円)
限定:プラチナ製のモデルは33本、タンタル製のモデルは小売販売店のアワーグラス向けに10本製造。
 

詳細についてはMB&F公式サイトへ。