trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
May 07, 2021
Introducing レッセンス Type 2N ナイトブルー 2021年新作

Introducing レッセンス Type 2N ナイトブルー 2021年新作

Type 2には、エレガントなブルーモデルが登場。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 ブラックタイの着こなしといえば、多くの男性は伝統的なものにこだわる。しかし、一部の大胆な人たちは、少しだけ「外し」を好むようだ。クールでありながら文化的なミッドナイトブルーに、クラシックなリボンではなく現代的なネクタイを合わせるのである。

 レッセンスは、そうした考え方に賛同しているようだ。確固たるモダンさをもち、時代遅れのルールを破ることに臆することなく、極端なまでにイコノクラスム(聖像破壊運動)を追求している。

Ressence

 さて、今回Type 2コレクションにシックな深みのあるブルーが加わった。鏡面仕上げのグレード5チタンケースに収められたグレーやアンスラサイトのモデルは、洗練されたエレガントな雰囲気を醸し出している。Nはナイトブルーの略で、それに合わせて文字盤のアクセントカラーも絶妙な色調に変更されている。

Ressence
ファースト・インプレッション

 もしも高級時計が21世紀の発明だとしたら? それはどのようなものだろうか? レッセンスは、機械式時計に最先端の技術を適用することで、これらの疑問を投げかけ、答えを出した。そうして生まれたのが、機械式と電子式の両方の長所を融合させたハイブリッドウォッチ「Type 2」である。

 2018年にコンセプトピースとして発表されたType 2は、その翌年に生産が開始された。このモデルには、レッセンスが特許を取得したe-Crownテクノロジーを搭載。これは、機械式のベースムーブメントとブランド独自のROCSモジュールをつなぐために組み込まれた電気機械式システムだ。e-Crownは、従来のリューズに代わって自動的に時刻を設定し、スマートフォンのような信頼性の高い時刻表示を実現している。

Ressence

 e-Crownは、ケースバックのレバーシステムを使って手動で設定した時刻を、選択したタイムゾーンの時刻に上書きしてデジタル登録する。また、スマートフォンアプリとBluetoothを介して接続することで、タイムゾーンをリセットすることも可能だ。スマートフォンアプリでは、世界の都市がスクロールダウンで表示され、2つのタイムゾーンを選択することができるなど、利便性に優れた設計になっている。

 設定されたタイムゾーンは基準点となり、継続的にモニターされ、完全に機械的な計時システムを維持しながら、正確なプライマリータイムとセカンダリータイムに自動的に調整される。

Ressence

ドーム型のサファイアクリスタル風防を2回タップするとType 2が起動し、1回のタップで4つのモードのうち1つを指定できる。タイムゾーン1」、「タイムゾーン2」、「e-Crownオフ」、「Bluetooth接続」の4つのモードがある。現在のモードは、最小のダイヤルディスプレイに色で表示される。e-Crownをオフにすると、時計は厳密に機械式となり、手動で設定する必要がある。

 12時間放置すると、パワーリザーブがなくなる前に機械式ムーブメントが自動的に停止する(ストップセコンド機能)。Type 2は、この停止状態のまま、再び手にするまで最長1ヵ月間停止したままとなる。再起動時には瞬時に時刻が修正され、再び動き出す。

Ressence

 e-Crownのエネルギーが不足すると、バックアップシステムとして文字盤にある10個の小さなシャッターが開き、光からエネルギーを得るカスタムメイドの太陽電池が現れ、Type 2は自動充電が可能となる。

 レッセンスの時計を真に理解するには、実際に動いているところを見る必要がある。魅惑的な文字盤は、レギュレーター式の時間と分、そしてスモールセコンドのインダイヤルが読みやすいように南北方向に回転している。この表示システムに慣れるまでには数分かかるかもしれないが、一度慣れるとすぐに分かるようになる。夜間の視認性は、超高輝度ブルーのスーパールミノバによってさらに向上している。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: レッセンス(Ressence)
モデル名: Type 2Nナイトブルー(Type 2N Night Blue)

直径: 45mm
厚さ: 12mm
ケース素材: グレード5チタン
文字盤色: グレード5チタン製コンベックスダイヤル(直径75mm)、9.75°(時)と17°(秒とe-Crownセレクター)に傾斜した3つの偏心2軸サテライト、マイクロボールベアリング(ディスク間の隙間は35ミクロン)
夜光: グレードAの鮮やかなブルーのスーパールミノバを使用した刻印入りのインジケーター
防水性能: 1気圧
ストラップ/ブレスレット: アルディロン・バックル付きのストラップ(22/20mm)


ムーブメント情報

キャリバー: 特許取得済みのROCS(Ressence Orbital Convex System)は、特別にカスタマイズされたCal.2892/Aの分軸によって駆動
機能: 時、分、秒
e-Crown機能: 第2時間帯表示、メカニカルパワーセーブ、セルフセッティング、タイムモニタリング
パワーリザーブ: 36時間
巻き上げ方式: 自動巻き、裏蓋レバーによる巻上げ
振動数: 2万8800振動/時
石数: 45
歯車数: 37

Ressence

価格 & 発売時期

価格: 583万円(税込)
発売時期: 発売中