trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
September 28, 2020
September 28, 2020
Introducing ティソ シースター 1000 プロフェッショナル 2020年新作

Introducing ティソ シースター 1000 プロフェッショナル 2020年新作

国際規格ISO 6425に準拠したプロフェッショナルユースのダイバーズクロノグラフが登場。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 2018年に登場したシースター 1000シリーズ。同シリーズは1950年代に発表された“ティソ シースター”の名を受け継ぐティソのダイバーズウォッチコレクション。モデル名ともなっている1000ft、つまり300m防水を確保した本格派モデルをラインナップしており、発売以来、手頃な価格で購入できるスポーティなダイバーズウォッチとして評価を高めている。

 5月に新作のシースター 1000 オートマティックシースター 1000 オートマティック シリシウム ジャパン リミテッドエディションを紹介したばかりだが、この秋、シースター 1000シリーズに全く新しいモデルが加わる。それがシースター 1000 プロフェッショナルだ。

 モデル名に“プロフェッショナル”の名をもつ通り、本作はプロユースのダイバーズウォッチに求められる国際規格、ISO 6425に準拠したハイスペックな1本となっている。

 また、プロフェッショナルという名の所以となっているもう1つのポイントは、ヘリウムと酸素の混合ガスを使用する飽和潜水にも対応するヘリウムガスエスケープバルブを備えている点だ。

 ティソでは、過去にもヘリウムガスエスケープバルブを装備したモデルをリリースしていたが、本作ではベゼルロックシステムと一体化したヘリウムエスケープバルブを搭載。これは、潜水時には10時位置にリューズをネジ込むことでベゼルをロックして誤操作を防ぎ、逆に浮上時は10時位置のリューズを開放することでベゼルのロックを解除すると共にヘリウムエスケープバルブを作動させるという機構。ティソが特許取得した新技術となっている。

 また、リューズに加えて、プッシュボタン用にもケースに穴を開けなければならないクロノグラフの場合、高い防水性を確保することが難しいが、本作ではネジ込み式リューズとケースバック、そしてクロノグラフのプッシュボタンもネジ込み式とすることで、クロノグラフを搭載しながら300mの防水性能を確保することに成功した。

 ムーブメントには自動巻きクロノグラフ、Cal.A05.H21を搭載。ETAのCal.7750をベースとしてムーブメントで、60時間パワーリザーブを備えている。

 時分、そしてスモールセコンドの針とアプライドのアワーインデックス、そしてセラミック製ベゼルリングの三角形マーカーにスーパールミノバを採用。そして文字盤ではダークブルーからブラックへと移ろうグラデーションカラーで深海を表現。夜間や水中での高い視認性を確保しつつ、デザイン性も両立させている点にも注目したい。

ファースト・インプレッション

 シースター 1000は、300m防水性のダイバーズウォッチである一方、ケース厚は12.7mmと、同等の防水性能をもつダイバーズウォッチとしては薄い部類。プロユースというよりは、タウンユースを意識していたモデルという印象だった。

 一方、本作はモデル名が物語るように、プロフェッショナル向け。そして自動巻クロノグラフを搭載するということもあって、48mmのケースに厚さは17.9mmと大きく分厚い。正直、余程屈強な体格の持ち主でないと日常的に着けこなすのは難しいだろう。

 個人的な感想はさておき、ダイバーズウォッチの国際規格であるISO 6425では、暗所において25cmの距離から時刻や時計の作動状態が目視できなければならないとしている。

 このくらいのサイズ感でなければ、海中のような特殊な環境下での優れた視認性は期待はできないだろう。プロユースのダイバーズウォッチとしては正解なのだと思う。

 一方、プロユースモデルでありながらもありがたいのは、特別な工具を使わずにレバーを引くだけで簡単にブレスレット交換ができるクイックリリースシステムを採用しているのと、ラバーストラップが付属するという点だ。

 3連のステンレススティールブレスレットは、ダイビング専用のフォールディングセーフティー クラスプとウェットスーツの上からでも着けられるダイバー用のクイックエクステンションを装備。

 SSケースに加えて、このプロユースのSSブレスレットだと、かなり重たく感じる(筆者が屈強な体格の持ち主でないからだが…)が、付属するラバーストラップは程良い柔らかさがあり、腕馴染みもいい。

 ダイビングの際にも、もちろん良さそうだが、ラバーストラップは普段使いする際にも活躍してくれそうだ。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: ティソ(Tissot)
モデル名: シースター 1000 プロフェッショナル(Seaster 1000 Professionl)
型番: T120.614.11.041.00

直径: 48mm
厚さ: 17.9mm
ケース素材: SS
文字盤色: ダークブルー&ブラックのグラデーション
インデックス: 三角&ドットのアプライドインデックス
夜光: あり。時分秒針と三角&ドットのアプライドインデックス
防水性能: 300m
ストラップ/ブレスレット: SSブレスレット&フォールディングセーフティークラスプ、ダイバー用エクステンション付き。ラバーストラップが付属(スタンダードバックル)
追加情報: 10時位置にベゼルロックシステムと一体化したヘリウムエスケープバルブ


ムーブメント情報

キャリバー: ETA A05.H21
機能: 時分表示、スモールセコンド、3時位置にデイデイト表示、クロノグラフ(センターにクロノグラフ秒針、12時位置に30分積算計、6時位置に12時間積算計)
直径: 30mm
厚さ: 7.9mm
パワーリザーブ: 60時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万8800振動/時
石数: 25石


価格・発売時期

価格: 24万8000円(税抜)
販売時期: 2020年11月予定
限定: 世界限定1000本

詳細は、ティソ公式サイトをクリック。