trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
October 29, 2020
October 29, 2020
Found ランゲ1 スティール製、プラチナ製のパテック フィリップ ノーチラス、ホワイトゴールド製の3448

Found ランゲ1 スティール製、プラチナ製のパテック フィリップ ノーチラス、ホワイトゴールド製の3448

ニューヨークのジュネーブセールの内覧会に行ってきて、いくつかの特別出品に小さなテーマがあることに気がついた。素晴らしい時計のいくつかが滅多にお目にかかれない素材だったのだ。 そこで、この記事では、クリスティーズのジュネーブ・セールの中から私が気に入った時計を3つ紹介しようと思う。おなじみの時計かもしれないが、今まで、これから紹介する素材は無かったと約束しよう。 もちろん実物の写真もある 。

※この記事は2013年4月に執筆された、本国版の翻訳です。 

クリスティーズ・ニューヨークのジュネーブ・セールの内覧会に行ってきて、いくつかの特別出品に小さなテーマがあることに気がついた。素晴らしい時計のいくつかが滅多にお目にかかれない素材だったのだ。 そこで、この記事では、クリスティーズのジュネーブ・セールの中から私が気に入った時計を3つ紹介しようと思う。おなじみの時計かもしれないが、今まで、これから紹介する素材は無かったと約束しよう。 もちろん実物の写真もある 。 

パテック フィリップ 唯一つと言われる閏年表示付きホワイトゴールド製のリファレンス3448 パーペチュアルカレンダー

 まず、タイトルを飾る3本のうちの1つは、パテック フィリップのリファレンス3448だ。 3448は同社初の自動巻き永久カレンダーであり、私の考えでは、最もクールで使い勝手の良いメガヴィンテージ・パテックの一つだ。 もちろん、私は古い手巻きクロノグラフ、手巻きの永久カレンダー、そして重要な1518や完璧な2499のような手巻きの永久カレンダー・クロノグラフを愛好するが、毎日、毎日、自分では手巻きの永久カレンダーを身に着けたいと思うだろうか?  私はそうしたいが、それは他の多くの人と違ってつまらない時計学的な純粋さが好きだからであるし、いままで1518、2499、3970、5970、5270を長時間身に着ける機会がなかったからでもある。

 よって、手巻きパーペチュアルの目新しさは早々に消えてしまう可能性は大いにある。昨年サザビーズで購入したこのユニバーサル ジュネーヴのトリコンパックスは、私のお気に入りであり最も貴重な時計の一つだが、しばらく身に着けていないとセットするのが大変だ。なので、ヴィンテージの複雑機構をお望みなら、3448以外に選択肢はないと思う。 3448は、当時のほとんどの有名な時計と同様に多くがイエローゴールドで製造されていた。 しかし、ここで紹介する時計は、パテック フィリップのヴィンテージ自動巻き永久カレンダーで、めずらしくホワイトゴールド製なのだ。 

 これは絶対的に美しい。そして、4時位置のファンキーな閏年表示とホワイトゴールドの組み合わせは、この時計を非常に希少なものにしている。この永久カレンダーを毎日身に着けていても、100万ドルの時計を着用していることを疑う人はほとんどいないだろう。 この時計が素晴らしいのは、複雑機構や希少性だけでなく、その装着性にもある。 クリスティーズの予想価格は86万ドルから150万ドルとなっており、詳細はこちらで見ることができる。

パテックフィリップ 唯一と言われるプラチナ製リファレンス3700 ノーチラス

 次はまたパテックで、目玉商品だ。 今回は有名なノーチラスのリファレンス3700。ジェラルド・ジェンタ(Gerald Genta )がデザインしたことで知られている。この時計はステンレススティール製が人気だが、少数のイエローゴールドモデルもあり、さらに希少なホワイトゴールドもある。 しかし、このノーチラスは、プラチナ製の3700として知られているただ一つのモデルだ。 非常に重く、文字盤にはダイヤモンドのミニッツマーカー(確かに最も男性的なタッチではないが)を備えているが、この時計はモンスターだ。これがどんなに凄いか手にすると分かる。 ノーチラスは高級時計の中で今でも最も優れたスポーツウォッチの一つだが、このプラチナ製のものは他と比べ物にならない。 推定価格は30万~50万スイスフランで、詳細はこちらだ。

A.ランゲ&ゾーネ 非常に希少なステンレス製ランゲ1

 ランゲの熱心なコレクターに夢の時計は何かと聞いて「プール・ル・メリット・トゥールビヨン」と返ってこなければ、「ランゲ1....ステンレス製の」と答える可能性が非常に高い。 そう。このモデルは、グラスヒュッテのメガマニュファクチュールが、過去に最高の顧客からの特別な依頼を受けて、数本だけステンレススティール製のランゲ1を製造したものだ。 このスティール製ランゲはとても希少であり、この初期のモデルは非常に高い関心を集めている。 

 このモデルは初期のランゲの白鯨とも言えるモデルで、38.5mmというサイズはまさに完璧だ。 クリスティーズでは5万~10万スイスフラン程度の価格を予想しており、詳細はこちらから。