trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 28, 2020
November 28, 2020
Introducing グランドセイコー SLGH003 60周年記念限定モデル Cal.9SA5を搭載した2020年新作

Introducing グランドセイコー SLGH003 60周年記念限定モデル Cal.9SA5を搭載した2020年新作

グランドセイコーファン待望。Cal.9SA5を搭載した、初のステンレススティールモデルがついに登場。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 今年で誕生60周年を迎えたグランドセイコーが、Cal.9SA5を搭載した初のステンレススティールケース仕様となる特別な記念限定モデルを新たにリリースした。

Cal.9SA5は、2020年に発売された革新的な自動巻きムーブメント。グランドセイコーが生まれた1960年当時と同じく、持てる技術の粋を結集した、誕生60年を祝うのにふさわしい伝統と革新を体現したモデルとなっている。

 搭載されているCal.9SA5は、一般的に駆動時間が短くなるハイビートムーブメントでありながら、驚異的なロングパワーリザーブを実現した世界最高レベルの自動巻きムーブメントだ。

 従来からグランドセイコーに採用されている3万6000振動/時のハイビートムーブメント(9S8系)は、約55時間パワーリザーブ(最大巻き上げ時)だったが、このCal.9SA5は、高効率なデュアルインパルス脱進機や2つの動力ゼンマイをもつツインバレル方式を採用することにより、3万6000振動/時ものハイビート設計にも関わらず、約80時間パワーリザーブ(最大巻き上げ時)を実現している。

 グランドセイコーで受け継がれるデザイン文法“セイコースタイル”を基本としながら、全ての原点である初代グランドセイコーの意匠を再構築。より一層、視認性や装着性を高め、新時代のグランドセイコーをけん引する普遍的な新デザインが採用された。

 本作はCal.9SA5を搭載した初のステンレススティールモデルであり、低重心のケースデザインと従来のブレスレットよりもコマの幅を広く設計することで、優れた装着性をもたらした。また、ダイヤルには、ブランドを象徴する特別なカラー、グランドセイコーブルーを採用。秒針の鮮やかなレッドは、グランドセイコーのものづくりへの情熱を表したカラーリングとなっている。

 本作は、12月11日(金)から、グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロン、そしてグランドセイコーマスターショップで数量限定で発売される予定。気になる販売価格は、ジャスト100万円(税抜)である。

ファースト・インプレッション

 この時計の登場を待っていたのは、筆者だけではないだろう。本作はCal.9SA5搭載モデルとしては初のSSモデルだ。Cal.9SA5を搭載するモデルとしては、先行してヘリテージコレクション グランドセイコー60周年記念限定モデル メカニカルハイビート36000 80 Hours SLGH002が発表されていた。しかし、この時計は18Kイエローゴールドケースモデルで、価格は450万円(税抜)。しかも、世界限定100本のレアモデルとなっており、よほどの時計好きでもない限り、おいそれと手の出せる代物ではなかった。

 なお、Cal.9SA5の詳細については上記リンク先の記事の中で、ジャック・フォースターがディープに、そして余すことなく、その特徴と魅力を解説しているので、そちらを参考にしていただきたい。

 冒頭でも述べているが、今年はグランドセイコーの誕生から60周年というメモリアルイヤーである。そのハイライトとして、先日、ブランド初のトゥールビヨンムーブメントとなるT0 コンスタントフォース・トゥールビヨンが発表され、多くの時計好きを驚かせた。しかし、こちらはあくまでもコンセプトムーブメントであり、商品として手にできるものではない。

 一方、実際に手にすることができる革新的なムーブメントとして注目を浴びたのが、9SA5だった。先行して販売を開始しているSLGH002、そして本作も共に限定モデルではあるが、こちらは限定1000本。価格も100万円(税抜)とSLGH002よりは、はるかに手にしやすい。

 金無垢のSLGH002とSSのSLGH003。まだ実機を見ることはできていないものの、どちらが欲しいかと問われれば、筆者なら日常でも着けやすそうな本作を選ぶだろう。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド:  グランドセイコー(Grand Seiko)
モデル名:  60周年記念限定モデル ヘリテージコレクション メカニカルモデル
型番: SLGH003

直径: 40mm
厚さ: 11.7mm
ケース素材: ステンレススティール
文字盤色: グランドセイコーブルー
インデックス: アプライド
夜光: あり。時・分針とアプライドインデックス
防水性能:  10気圧(日常生活用強化防水)
ストラップ/ブレスレット: ステンレススティールブレスレット


ムーブメント情報

キャリバー: 9SA5
機能: 時・分表示、センターセコンド、3時位置にデイト表示
直径: 31.6mm
厚さ: 5.18mm
パワーリザーブ: 80時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 3万6000振動/時
石数: 47
追加情報: クロノメーター認定ではないが、静的精度で平均日差+5秒~-3秒 、携帯精度で平均日差+8秒~-1秒


価格・発売時期

価格: 100万円(税抜)
販売時期: 12月11日(金)より、グランドセイコーブティック、グランドセイコーサロン、グランドセイコーマスターショップで発売開始
限定: 世界限定1000本

詳細は、グランドセイコー公式サイトをクリック。