trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
September 28, 2020
September 28, 2020
Introducing オメガ コンステレーション マスター クロノメーター 41mm 2020年新作

Introducing オメガ コンステレーション マスター クロノメーター 41mm 2020年新作

スポーティでエレガントな41mmサイズが仲間入り。

ADVERTISEMENT
クイック解説

5月に公開したHands-Onでも、その魅力を紹介しているが、新世代(第5世代)のメンズ・コンステレーションに新しいサイズバリエーションが加わった。

 それが41mmサイズだ。今年2月に発表された新世代のメンズ・コンステレーションは、39mmと36mm。これに41mmモデルが加わり、3サイズでの展開(ちなみに公式ホームページでは第4世代のコンステレーションも掲載されている)となった。

 その特徴は、すでに報じている39mm、36mmモデルと基本的には同じ。光沢のあるサファイアガラスを使用した、1982年に発表された初代コンステレーション “マンハッタン”の外観を再現したデザインを踏襲している。

 ケースから文字盤の上に伸びる4つの爪があるが、3時と9時位置に配置されたアイコニックな爪は、マンハッタンの特徴となったディテール。ケースと爪のエッジにはなめらかな仕上げが施され、円錐形のリューズ、スリムな針に加え、マンハッタンにそびえ立つ摩天楼、特にフリーダムタワーの三角形の面から着想を得てデザインされた新しいインデックスも。

 そして搭載されるのは、オメガのフラッグシップとなっている8000系キャリバー。コーアクシャル脱進機搭載の自動巻きムーブメント、Cal.8900だ。1万5000ガウスの耐磁性能、シリコン“Si14”製のフリースプラングテンプ、そしてMETAS認定のマスタークロノメーターを取得する高性能なもので、これは39mm、36mmモデルに搭載されるCal.8800(ゴールドモデルは8801、ローターとブリッジにゴールドが配される)と基本性能は同じである。

 違いはパワーリザーブ。Cal.8900は60時間であるのに対し、Cal.8800(8801も)は55時間パワーリザーブとなっている。

 また、ケース素材のバリエーションも39mm、36mmモデルと同様、SSモデルを筆頭に、SSと18Kセドナゴールド、SSと18KYGのコンビモデル、フルの18Kセドナゴールドと18KYGがラインナップされた。

 41mmモデルで特に注目したい点はベゼルとストラップである。41mmモデルではSSベゼルではなく、リキッドメタル™のローマ数字を配したポリッシュ仕上げのセラミックベゼルが採用されている。

 ブレスレットモデルの発表はなく、ラバーライニングが施されたレザーストラップモデルとなっている。なお、SSベゼルにラバーストラップを合わせたモデル(Ref.131.12.41.21.06.001)も1モデルだけ発表されている。

SSベゼルモデル。

セラミックベゼルモデル。

ファースト・インプレッション

 この41mmモデルの発表を知り、筆者がまず最初に抱いた印象は、さすが大ブランドだなということである。合致するサイズのムーブメント、ブランド側の販売戦略など、理由は様々だが、一つのコレクションで三つもサイズバリエーションを展開する例は、そう多くはない。

 1ユーザーとして時計をみると、時計のサイズというのは非常に重要なポイントである。

 デザインはとても気に入っているのに、もう少し大きかったら、逆にもう少し小さかったらと、サイズが自分の腕や好みにマッチせず、購入を諦めるという経験をしたことのある方は少なくないのではないだろうか。41mmモデルの発表には、オメガというブランドの懐の深さ、ユーザーファーストな姿勢を感じる。

 また、39mm、36mmモデルとベゼルの素材を変えた点も非常に興味深い。同じデザインで、ケースサイズだけ大きくなると小振りなサイズの時計と比べたときに間延びした印象になってしまうことが少なくないが、ブラックまたはブルーのセラミックベゼルを与えたことで、全体が引き締まったように見える。

 加えて、39mm、36mmモデルがどちらかといえばドレスウォッチというイメージだったが、41mmモデルはケースサイズが大きくなったことと艶やかセラミックベゼルの効果で、スポーティな印象を与えている。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド:オメガ(Omega)
モデル名: コンステレーション マスター クロノメーター(Constellation Master Chronometer)
型番:
131.33.41.21.06.001(ブラックセラミックベゼル&SS)
131.33.41.21.01.001 (ブラックセラミックベゼル&SS)
131.33.41.21.03.001(ブルーセラミックベゼル&SS)
131.12.41.21.06.001(SSベゼル&SS)
131.23.41.21.06.001 (ブラックセラミックベゼル&SS&18Kセドナゴールド)
131.23.41.21.03.001 (ブルーセラミックベゼル&SS&18Kセドナゴールド)
131.63.41.21.01.001 (ブラックセラミックベゼル&18KYG)
131.63.41.21.03.001 (ブルーセラミックベゼル&18Kセドナゴールド)

直径: 41mm
厚さ: 13.5mm (SSベゼルモデルは13.45mm)
ケース素材: SS、SSとセドナゴールド、SSと18KYGのコンビ、フルのセドナゴールドと18KYG
文字盤色: シルクエンボス加工のロジウムグレー、サンブラッシュ仕上げのブラックまたはブルー、
インデックス: くさび型
夜光: あり。ホワイトスーパールミノヴァ
防水性能: 5気圧(50m)
ストラップ/ブレスレット:ラバーライニングが施されたレザーストラップ(131.12.41.21.06.001のみ、ラバーストラップ)


ムーブメント情報

キャリバー: 8900(フルゴールドモデルは8901)
機能: 時、分、秒表示/6時位置にデイト表示
直径: 29mm
パワーリザーブ: 60時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万5200振動/
石数: 39石
クロノメーター認定: COSCおよびスイス連邦計量・認定局(METAS)によるマスタークロノメーター
追加情報: 1万5000ガウスの耐磁性能 


価格・発売時期

価格: セラミックベゼル&SSは70万円(税抜)、SSベゼル&SSは63万円(税抜)、セラミックベゼル&SS&18Kセドナゴールドは93万円(税抜)、セラミックベゼル&18KYGおよび18Kセドナゴールドは219万円(税抜)
販売時期:2020年9月発売予定  
限定:なし

詳細は、オメガ公式サイトをクリック。