trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
March 06, 2021
Introducing A.ランゲ&ゾーネ ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターにブルーダイヤルが登場 2020年新作

Introducing A.ランゲ&ゾーネ ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターにブルーダイヤルが登場 2020年新作

ランゲ独自の鳴り物系時計に洗練されたビジュアルが登場。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 ツァイトヴェルク・ミニッツリピーターは、技術的にもそしてアイコンとしてもA.ランゲ&ゾーネにとって非常に重要な時計です。2015年に初代がリリースされたとき、非常に印象的なその存在感で多くの人々を興奮の渦に巻き込んだ傑作でした。もともと、同社のグランドコンプリケーションのために開発された技術を応用していましたが、今ではデジタル時刻表示とツァイトヴェルクのための技術となっています。本機には、十進式ミニッツリピーターが採用されており、そのユニークな見た目とも非常にマッチしているように感じました。これは、ランゲが、ミニッツリピーターを作り上げることができるということだけでなく、これまでとは異なった独自の方法で製造可能という事実を示していました。

 それ以来ランゲは、音で時を知らせる時計の2つのバリエーションとして、ツァイトヴェルク・ストライキングタイムとツァイトヴェルク・デシマルストライクをリリースしています。どちらも複雑で印象的なモデルです。しかし、この新作でランゲは基本に立ち返りました。本機は、5年前のツァイトヴェルク・ミニッツリピーターと同じものですが、新たに美しいブルーを身に纏っています。深いブルーの文字盤は、対象的なシルバーブリッジと白い時・分ディスクに最適な下地となっており、ホワイトゴールドのケースは全てが洗練されたモダンなビジュアルに仕上げています。また、ハンマーとゴングが文字盤上に見ることができます。これは数年前からラインナップされ、あまり話題に上がらない時計ではありますが、この新作については―ちなみに個人的にお気に入り―注目を集めるだろうと思います。

 本機は、30本のみの限定生産となります。ドイツ国内の市場価格は、44万9000ユーロ(付加価値税含む)に設定されており、輸出される際の価格は、為替に応じて変動し輸入時に現地通貨に設定されます。

ファースト・インプレッション

 僕は常にツァイトヴェルクの大ファンでした。時計について書いたりこだわり始める前に、ロンドンの会社でインターンシップをしていた大学生の頃、会議でクライアントの手首にツァイトヴェルクが着けられていたのです。びっくりしました。当時それが何なのかは分かりませんでしたが、何か特別なものだろうことは伝わってきました。その時計について持ち主に質問をしたところ、嬉しそうに答えてくれたのを覚えています。そこからランゲファンになっていったのです。

 ランゲは、ツァイトヴェルクに他にも複雑機構(ツァイトヴェルク・デイトの記事参照)を追加してきました。ですが、この"ベーシックな"デジマル・リピーターが最高だと僕は思っています。ツァイトヴェルクの、非常に正確で針を用いない時刻表示はとてもクールですよね? 動力源であるムーブメントCal.L043.5もまた驚くべきものです。ツァイトヴェルクのムーブメント構造は奇抜で、全ての部品に施されている仕上げも一流。最上級のランゲムーブメントの中でも特別なものなのです。

 本モデルに関しては、実機を見るのが心底待ちきれません。ホワイトゴールドとブルーは、多くの人が好む古典的な組み合わせで、それには正当な理由があるのです。とても格好いいインパクトのある見た目で、標準のブラックダイヤルよりも面白い。確かにかなり高額な時計ですが、自分の名前をリストに載せるために正規店にいち早く電話を掛けるランゲコレクターたちが目に浮かぶようです。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: A.ランゲ&ゾーネ(A. Lange & Söhne)
モデル名: ツァイトヴェルク・ミニッツリピーター(Zeitwerk Minute Repeater)
型番: 147.028F

直径: 44.2mm
厚さ: 14.1mm
ケース素材: ホワイトゴールド
文字盤色: ディープブルー、ソリッドシルバー
インデックス: デジタル表示(アラビア数字)
夜光: なし
防水性能: 30m
ストラップ/ブレスレット: ハンドステッチされたブルーのレザーストラップ、ホワイトゴールドのデプロイヤント・バックル


ムーブメント情報

キャリバー: L043.5
機能: 時、分のデジタル表示、スモールセコンド、パワーリザーブインジケーター、デシマル・リピーター
直径: 37.7mm
厚さ: 10.9mm
パワーリザーブ: 36時間 (ミニッツリピーターを作動しない場合)
巻き上げ方式: 手巻き
振動数: 1万8000振動/時(2.5 Hz )
石数: 93、 うちの3つはゴールドシャトンで固定
総部品数: 771


価格&発売時期

価格: 44万9000ユーロ (VAT含む・参考予価)
発売時期: 未定
限定: 30本(ブティックのみ取り扱い予定)

さらなる詳細は、A.ランゲ&ゾーネ公式サイトをご覧ください。