trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 30, 2020
November 30, 2020
Introducing オーデマ ピゲ ロイヤル オーク コンセプト フライングトゥールビヨン GMT

Introducing オーデマ ピゲ ロイヤル オーク コンセプト フライングトゥールビヨン GMT

灰色の未知の物質。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 ロイヤル オーク コンセプト フライングトゥールビヨン GMTは、スイストップクラスのマニュファクチュールが作る時計の中でも最もアバンギャルドなモデルと言えるだろう。このモデルのラインとケースの基本的なデザインは、18年前からのものである。2002年、ロイヤル オーク30周年を記念して、クロード・エメネッガー氏(Claude Emmenegger)がデザインした初代ロイヤル オーク コンセプトは、オーデマ ピゲ ルノー・エ・パピ(APR&P)が開発したムーブメントを搭載。その名の通り、ロイヤル オーク コンセプトは、ロイヤル オーク オフショアよりも少し実験的なモデルであり、それは技術開発の出発点だった。例えば、最初のAPスーパーソヌリは、コンセプトモデルとして登場した。

 本日ご紹介する時計は、実はロイヤル オーク コンセプト フライングトゥールビヨン GMTの2作目である。最初のバージョンは2年前に発表され、それ自体はロイヤル オーク コンセプト GMT トゥールビヨンと少し名前が違うモデルだった。2018年のモデルから新しくなっているのは、そのアシンメトリーなデザインと、ブリッジレス(またの名をフライング)トゥールビヨンを採用している点だ。

 2年前のモデルは、チタンケース、ブラックセラミックベゼル、ブラックアウトした文字盤とムーブメント、そしてローズゴールドのアクセントを組み合わせた、かなり派手なルックスに仕上がっていた。そして今日、パリにあるAPの正規販売店であるアリエ(Arije)で販売される30本限定モデルとして、ロイヤル オーク コンセプト フライングトゥールビヨン GMTが発表された。ディスプレイ、ラバーストラップ、クラスプ、ムーブメントの裏蓋など、事実上全てが単色のグレーで統一されている。

 サンドブラスト加工を施したチタン製の大型ケースには、同じくサンドブラスト加工を施したチタン製のベゼルが装着されている。ねじ込み式リューズとケース側面のプッシュピースというセラミック製の部品が残っているが、これもグレーで着色されている。

 手巻きキャリバー 2954は、時計を裏返すと見える2つの大きな香箱を介して、1回巻き上げきると10日間(正確には237時間)のパワーリザーブを発揮する。文字盤側には、3時位置の第2時間帯を表示するホイールから6時位置のファンクションセレクター、時・分表示のフランジに至るまで、全てがミュートグレーのトーンで表現されている。添付の写真を見る限りでは、スケルトン化され夜光を塗布した針と文字盤、ムーブメント表面のコントラストが十分にあり、視認性は問題ないと思われる。ムーブメントは合計で348個の部品で構成されている。

ファースト・インプレッション

 ロイヤル オーク コンセプト フライングトゥールビヨン GMTは、ROコンセプトの中でも最も実用的なモデルだ。トゥールビヨンを搭載した時計を実用性と表現することはほとんどないが、このモデルは非常に長いパワーリザーブを備えており、全ての複雑機構の中で最も便利なGMTと組み合わせられているのだ。

 APのロイヤル オーク コンセプトは、全ての高級時計愛好家のためのものではないと言ってもいい思う。大きさだけでも考えてみて欲しい。ケース径44mm、厚さ16.1mmのこの時計は、例え手首の太い人であっても、その手元で主張するだろう。そして、それは確かにはるかにシンプルなロイヤル オーク"ジャンボ"と同様に熱烈なAPファンを惹きつけるかもしれないが、この時計は全く異なるニーズを満たす時計だ。熱狂的なファンはいくつかの異なる角度からこの時計を見ることになるだろう。
 しかし私には、これはAPにとって複雑機構だけでなく、デザインの観点からも何ができるのかを示す説得力のあるデモンストレーションに思える。2002年以来、コンセプトが私たちと共に存在してきたという事実は、同社の独立心の強さの証でもあると私は考えるからだ。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: オーデマ ピゲ(Audemars Piguet)
モデル名: ロイヤル オーク コンセプト フライング トゥールビヨン GMT(Royal Oak Concept Flying Tourbillon GMT)
型番: 26589TI.GG.D006CA.01

直径: 44mm
厚さ: 16.1mm
ケース素材: サンドブラスト仕上げチタン
文字盤色: グレー
夜光: あり
防水性能: 100m
ストラップ/ブレスレット: グレーラバーストラップ、サンドブラスト仕上げチタン製APフォールディングバックル。グレーアリゲーターストラップも付属。


ムーブメント情報

キャリバー: 自社製Cal.2954
機能: 時、分、フライングトゥールビヨン、GMT24時間表示、ファンクションセレクター
直径: 35.6mm
パワーリザーブ: 237時間
巻き上げ方式: 手巻き
振動数: 2万1600振動/時
石数: 24


価格&発売時期

価格: 要問合せ
発売時期: 発売中
限定: あり、30本(パリのAP正規店アリエでの限定販売)

詳細は、オーデマ ピゲ公式サイトへ。