trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
January 19, 2021
January 19, 2021
Introducing オーデマ ピゲ ロイヤル オーク フライングトゥールビヨン 2020年新作

Introducing オーデマ ピゲ ロイヤル オーク フライングトゥールビヨン 2020年新作

ロイヤル オーク初のフライングトゥールビヨンモデル。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 もともとコンセプトから始まったものが、今では主流になっている。オーデマ ピゲはフライングトゥールビヨンを搭載した41mmのロイヤルオークを発表したのだが、そのバリエーションは18Kピンクゴールド、チタン(OK、OK、OK)、そして...ステンレススティールの3種類だ。ロイヤル オークがトゥールビヨンを搭載したのはこれが初めてではないが、コンセプトモデルではないバージョンでは、これが初めてだ。

左からスティール、ピンクゴールド、チタン製の新モデル“ロイヤル オーク フライングトゥールビヨン”

ファースト・インプレッション

 初代ロイヤル オーク トゥールビヨンは、モデル誕生25周年を記念して1997年に発表された。新型のロイヤル オーク フライングトゥールビヨンは、90年代後半のモデルを踏襲し、現在の41mmフォーマットを採用。このモデルで初めてガルバニックグロース18Kゴールド(同社によると、このプロセスは3Dプリントに似ているそうだ)を使用した新しいブランドロゴにも注目してみていただきたい。

ADVERTISEMENT

 この3モデルは文字盤によって差別化がされており、スティール製の26530STでは、トゥールビヨンの中央から放射状に広がるタペストリーパターンの上にブルーのカラーリングが施されている。同様に、ゴールドの26530ORは、同じダイヤルデザインのスモークグレーを採用。最後に、チタン製の26530TIは、サンドブラスト加工を施したスレートグレーの文字盤を備えたゴージャスかつ控えめなデザインだ。非常に派手な複雑機構のための控えめな文字盤が、26530TIのチタンケースとブレスレットと美しく調和している。

 これらのロイヤル オークは、オーデマ ピゲのCal.2950を搭載。65時間のパワーリザーブをもち3Hzで駆動、フライングトゥールビヨンを備えた自動巻きムーブメントだ。Cal.2950は、元々CODE 11.59コレクション向けに発表されていたが、フライングトゥールビヨンは、オーデマ ピゲのフラグシップコンプリケーションであり、上部(文字盤側)にトゥールビヨンブリッジをもたないのが特徴だ。このフライングトゥールビヨンは、アーバーと呼ばれる部品を介して機構の裏側で支えられており、回転する様子をよりよく見ることができるようになっている。この魅惑的なムーブメントは、トゥールビヨンの魅力の大きな部分を占めているため、せっかくお金を出すのであれば、できるだけ多くの機能を見たいと思いますよね?

 全てのロイヤル オークと同様に言えることだが、まず実際に実機で見なければならないと思う。そして、こうした時計を手に入れることのできる幸運な新しい所有者たちが掲載する撮り下ろし写真やリストショット(特にチタンモデルの)を見るのを楽しみにしている。価格は「価格についてはお問い合わせください」と記載されており、僕もリクエストはしたのだが、APは、私が購入を本当に検討しないことを知っていたに違いない。トゥールビヨンであろうとなかろうと、

1つは本当に金属でそれらを見なければならない、と私はかなりこれらの間違いなく排他的な時計が幸運な新しい所有者との家を見つけ始めるようにライブ写真やリストショット(特にチタンバージョンの)を見ることに興奮しています。価格は "リクエストに応じて利用可能 "と記載されており、私は最も確かにリクエストしましたが、APは、私が自分自身を適格なバイヤーと考えることができる方法がないことを知っていたに違いない。トゥールビヨンであろうとなかろうと、僕は欲張りすぎてはいけないのだろう。


基本情報

ブランド: オーデマ ピゲ(Audemars Piguet)
モデル名: ロイヤル オーク フライングトゥールビヨン(Royal Oak Selfwinding Flying Tourbillon)
型番: 26530ST, 26530TI, 26530OR

直径: 41mm
ケース素材: ステンレススティール、チタン、または18Kピンクゴールド
文字盤色: ブルー(SS)、グレー(チタン)、エヴォルーティブ・タペストリーが施されたグレー(ピンクゴールド
インデックス: アプライド
防水性能: 50m
ストラップ/ブレスレット: ケース素材にあわせた一体型ブレスレット


ムーブメント情報

キャリバー: AP Calibre 2950
機能: 時、分、フライングトゥールビヨン
直径: 30.9mm
厚さ: 6.24mm
パワーリザーブ: 65時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万1600振動/時
石数: 27 


価格 & 発売時期

価格: 要問い合わせ
 

詳細は、オーデマ ピゲ公式サイトへ。