trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble shopping-bag

Hands-On シチズン サテライト ウエーブ GPS F950 チタニウム技術50周年モデルを実機レビュー

月の上でも活躍するシチズンの技術を手首の上に。

ADVERTISEMENT

1957年10月4日、直径約2フィート(約61cm)の金属製の物体がソ連によって地球を周回する軌道に乗せられたとき、世界は根本的に変わった。スプートニクは東西関係に新たな道を切り開き、世界中の科学技術が急速に発展する時代の幕開けとなったのである。

 人工衛星の登場は、もちろん歴史に大きな影響を与えた。宇宙開発競争が始まり、人類が月に行くようになっただけでなく、その技術は、我々が毎日使う機器にまで浸透していった。そして、これらはより一般的なアプリケーションの一部に過ぎない。NASAはハッブル宇宙望遠鏡の衛星コンポーネントである追跡データ中継衛星を使用して、140億光年の深宇宙を観測している。

シチズン サテライト ウエーブ GPS F950 チタニウム技術50周年モデルは、衛星のネットワークと継続的に同期することで、一貫して正確であり続けるのに役立てている。人工衛星がなくても、月に±5秒の精度を実現しているが、定期的に同期を取ることで、あらゆる変動を排除している。世界中どこにいても、3秒で衛星と通信し、適切な時間に自己修正することができるのである。

 これらの機能は、シチズンのCal.F950によって着用者が苦労することなくできるようになっている。我々は確かに、多くのiPhoneのように、直径47.5mm、厚さ14.71mmの大きさに詰め込まれた奇跡的な技術の存在を忘れがちだ。2014年のエコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100、2015年のエコ・ドライブ サテライト ウエーブ F900の登場以来、サテライト ウエーブの技術は進化し続けている。しかし、チタン製のケースやブレスレットによって時計を身に着けていることを、繰り返しになるが、忘れがちである。この時計は信じられないほど軽量であり、ステンレススティール製のスポーツウォッチとは全く異なるものである。

 本機を見るだけで、これが普通のチタンではないことが分かる。これはシチズン独自のスーパーチタニウムであり、通常のチタンとの違いはその硬度にある。スーパーチタニウムは1000Hv(ビッカース硬度)という硬度をもっている。一般的な商業用途で使用されているチタンの硬度は200~260Hv程度だ。サンパウロ州立大学の2006年の論文では、歯科用によく使用されるチタンの高級合金であるTi-6Al-4Vを熱処理したものを取り上げている。調査結果は? ビッカース硬度の評価は、たったの340-369Hvであった。

 もちろん、シチズンがチタンの硬度や耐久性をここまで高めるためにどのような方法をとっているのかは、同社が明かすことはないだろうが、日本のシチズンの技術者は質問に答える形で、「デュラテクトは2つの技術で構成されています」と記している。「1つは素材の表面に硬い薄い皮膜を形成して表面を硬化させる技術。もう1つは、表面密度を高めて素材自体を硬くする技術。単独で使用することもあれば、組み合わせて使用することもあります」

 2017年、シチズンはHAKUTOのパートナーとなる。当時は単にグーグル・ルナ・エックスプライズ(Google Lunar XPRIZE)のコンテストに参加するチームだった。2022年と2023年に月面探査に参加する予定の「HAKUTO-R」プログラムを開発し、最終決定が下された。第1ミッションは、日本の民間企業が初めて月面に軟着陸するミッションで、第2ミッションは、日本の民間企業が月面に軟着陸するミッションである。第2ミッションでは、ローバーが配備される。

日本初の民間月面探査プログラムHAKUTO-R。

 両ミッションで使用される着陸船の脚には、スーパーチタニウムが採用されている。当初、シチズンはHAKUTOチームの資金援助を行っていたが、現在でははるかに大きなパートナーとなっている。現在、シチズンは、サテライト ウエーブ GPS F950と全く同じ素材で宇宙船の部品を製造している。その共有技術は、時計を身に着けている一方で、別の要素をさらに感じさせてくれる。デュラテクトとは何かを説明してくれた同じ技術者は、この時計を身に着けやすくしているのは金属の特性であることを強調した。「この時計は大変な美しさを誇っています。熟練した職人と技術により、より高品質な仕上げ(上質なサテン仕上げと鏡面仕上げ、シャープなエッジ)と、豊富なカラーバリエーションを提供しています」

ADVERTISEMENT

 ブレスレットの動きにこそ、スーパーチタニウムの最高の感触が発揮されている。素材の軽さにも関わらず、非常に高級なステンレス製ブレスレットに見られるような滑らかな動きと、最小限の公差から生まれる「タイトさ」が感じられる。リンクはピラミッド型をしており、短いラグでケースと結合しているため、モノブロックケースを装着しているような感覚を味わうことができる。シチズンは、時計の用途にチタンを早くから採用しており、その50年の経験が金属との関係を示している。この金属の仕上げは、セラミックと見間違えるほどである。チタン製の時計は傷が付きやすいと評されるが、多くの場合、それは当然のことである。多くの時計に使用されているチタンは、単にシチズンのものほど硬くはないのだ。確かに元来、チタンはその硬さではなく、その軽量感が好まれてきている。サテライト ウエーブGPS F950は、半世紀に渡ってアイデアにこだわり、ゆっくりとそれを完成させてきたからこそ存在しうるのである。

 時計愛好家は忘れがちなのだが、シチズンは時計以外にも様々な製品のエンジニアリングと製造を行っている。電子機器、自動車部品、旋盤、精密測定器、CCD/CMOSイメージセンサー、強誘電性液晶ディスプレイ、一般消費者向けの電卓などを製造している。シチズンが手がけている製品の範囲を考えると、ユーザーインターフェースの操作方法や文字盤のレイアウトは理にかなっている。ワールドタイム機能、標準のクロノグラフ、フライバック機能を備えたカウントダウンタイマーなど、機能が満載。パワーリザーブ表示もあり、シチズンのエコドライブ技術の一部である太陽光発電によって充電される。これは必ずしも太陽の光である必要はない。全ての機能を操作しようとすれば、家電製品を操作するのと同じくらい難しい。つまり、取扱説明書を使用して少し時間がかかるということだ。箱から出してすぐにそれの専門家になることはできない。しかし、ちょっと練習すればいいのだ。

サテライト ウエーブ GPS F950 チタニウム技術50周年モデルの価格は50万円(税抜)。2020年冬に発売予定。本機は550本限定で製造され、シリアルが刻印される。詳細は公式サイトへ。