trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
October 29, 2020
October 29, 2020
Introducing フレデリック・コンスタント ハイライフ パーペチュアルカレンダー マニュファクチュール 2020年新作

Introducing フレデリック・コンスタント ハイライフ パーペチュアルカレンダー マニュファクチュール 2020年新作

ステンレススティール製のラグジュアリースポーツウォッチにパーペチュアルカレンダーを搭載した新作。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 フレデリック・コンスタントのハイライフウォッチは、全く新しいコレクションのように感じるが、実際には、従来のハイライフを刷新したもので、あなたがこの時計に夢中になるずっと前、元々は1999年に登場した。私は、2004年頃に機械式時計に興味をもち始めたことをはっきりと覚えているが、その頃に出会った最初のブランドの1つが、20代前半の私に訴えかけるかのように見えたフレデリック・コンスタントだった。今もなお、時計を見る際に、常にお得なものを探しているように自身でも感じているが、大学を卒業したばかりの当時の私にとって、お得な情報を見つけるための行動には、より切迫した事情があった。そして、私が初めてフレデリック・コンスタントを知ったのは、こうした事情からだった。

※ローズゴールドメッキのツートンモデル。日本での発売はなし。

 私は、フレデリック・コンスタントを、お買い得かつクラシックなデザインに興味がある、若い世代の時計愛好家向けブランドと見なすようになった。そこで、今日紹介するのが、このブランドだ。刷新されたハイライフコレクションには、開口部を設けたダイヤルで知られるハートビートモデル(税抜23万5000円から)、COSC認定クロノメーターモデル(税抜21万5000円から)、そして、自社製のパーペチュアルカレンダー(税抜105万円から)という、3つのラインナップがある。私は、これらのラインナップそれぞれが良心的な価格であると思っているが、特に良心的なのが、パーペチュアルカレンダーモデルである。これは新しいムーブメントを使用しているわけではないが、これまでで最も優れたパーペチュアルカレンダーであり、私を最も興奮させたモデルだ。

 新作のハイライフ パーペチュアルカレンダー マニュファクチュールでは、2016年のスリムライン パーペチュアルカレンダー マニュファクチュールで初めて登場した、おなじみのFC-775が搭載されている。このムーブメントは、フレデリック・コンスタントのジュネーブにある自社工場で設計・製造された、自動巻きパーペチュアルカレンダー キャリバーだ。2016年にスティーブンが、スリムライン パーペチュアルカレンダーをハンズオンした際、彼はこのモデルを当時入手可能な最もお値打ち価格のパーペチュアルカレンダーだと宣言したが、私も彼の評価に同感である。120万円(税抜)という価格で発表されたこのモデルは、パーペチュアルカレンダーの価格に対するそれまでの認識を一変させ、我々HODINKEEの面々だけでなく、時計愛好家の間でも大きな注目を集めた。スリムライン パーペチュアルの完璧なクラシックドレスウォッチのデザインは、私がフレデリック・コンスタントに共感するようになったデザイン理念に沿ったものだった。また、42mmの直径は私には少し大きく、特にインダイヤルの相対的なコンパクトさを考慮すると、ダイヤルの不要なスペースが大きく感じられたが、たとえ私がこの時計が完璧だとは思わなかったとしても、その提供される価値は、極めてしっかりと議論されるべきものである。

 ハイライフ パーペチュアルカレンダー マニュファクチュールは、一体型ブレスレットをもつジェンタ風のスポーツラグジュアリーウォッチを求める時計コレクターの要望に十二分に応え、フレデリック・コンスタントならではの、他では真似できない価値を提供すると共に、同社におけるパーペチュアルカレンダーのラインナップを広げるものだ。

 新作では、デビューに際して、3つのモデルが用意され、それぞれ1970年代に誕生し、現在でも時計コレクターの注目を集めているスティール(SS)製スポーツウォッチを彷彿とさせる41mmのトノーケースを採用している。あるバージョンは、 SSとローズゴールドメッキのツートンカラーケースとブレスレットの組み合わせ(日本での発売予定はなし)、もう1つはオールSSにブルーダイヤルの組み合わせ、そして3つめはSSケースとアリゲーターストラップを組み合わせた。それぞれのケースで、ダイヤルに地球儀の模様が施され、インダイヤルにはスネイル風の装飾が施される。また、すべてのバージョンに、コレクションに非常にスポーティな魅力を与えるラバーストラップが付属しており、ストラップとブレスレットの変更は、工具なしで簡単に行うことができる。

ファースト・インプレッション

 フレデリック・コンスタントのセールスポイントは、お得感のある価格を中心に構築され、他では味わうことができない、所有経験を提供するところにあるようだ。かつての時計コレクターは、老舗ブランドの時刻表示のみ、もしくは時刻表示にデイト表示が付いたエントリーレベルのモデルから、小規模で始めるというのが一般的だったと思う。そして、時計趣味に嵌った場合、自分の収入が許せば、よりプレステージ性の高い階層へと進むことができ、コンプリケーションは、そうした時計を買う余裕のあるコレクターのためのおまけとして用意されていた。しかし、私がこの時計を取材して気づいたことが1つあるとすれば、それはハイコンプリケーションを含む機械式時計の大衆化だ。ここ数十年の間に、トップブランドの多くが、インフレ率を上回るペースでもで価格を上げてきたが、お買い得感のある価格を重視する新興ブランドも数多く登場する中で、フレデリック・コンスタントはコレクターたちにとって快適な、新しい居場所を築いている。

 一体型ブレスレットをもつSS製スポーツウォッチとパーペチュアルカレンダーの両方を選択肢として提供することで、フレデリック・コンスタントは、ほぼ確実に、刷新されたハイライフよりもショップでの入手が極めて困難な、そして何倍ものコストがかかるメガウォッチと比較される運命にあるが、私はこれらのブランドやこれらのモデルの名前を上げる必要があるとは考えてはいない。なぜなら、それらは有名で数が少なく、おそらくみなさんも、この時点ですでにそれらのことを思い浮かべている可能性が高いからだ。それに、新しいハイライフが、それらと直接的な競争相手になるとは思えないのだ。パーペチュアルカレンダーと一体型ブレスレットを備えたこのSS製スポーツウォッチは、多くの時計愛好家が手にすることができ、そして、楽しむことができるという新しい活路を見出した。それは非常に素晴らしいことだと思う。

 これらの時計を、以前のスリムライン パーペチュアルと比較してみると、新しいハイライフバージョンの方が、極めて好みだと言わざるを得ない。ダイヤルのプロポーションが、より調和しているように感じるが、これはケースサイズを41mmに縮小したことと、夜光付きの大きなアプライドインデックスを採用していることの両方が関係しているように思う。提供された写真の中には、地球儀の模様が他の写真よりも繊細に見えるものがあるが、模様がはっきりと見えにくいデザインの方を、私は高く評価している。そう考えると、なくてもよかった余計な装飾だったのではないかと不思議に思う。いずれにせよ、新作のハイライフは、個人的に直接見てみたいと思っている時計の1つだ。


基本情報

ブランド: フレデリック・コンスタント(Frederique Constant)
モデル名: ハイライフ パーペチュアルカレンダー マニュファクチュール(Highlife Perpetual Calendar Manufacture)
型番: FC-775N4NH6B(ブルーダイヤル、SSケース&ブレスレット)。FC-775S4NH6(シルバーダイヤル、SSケース&アリゲーターストラップ)

直径: 41mm
厚さ: 12.65mm
ケース素材: SSまたはローズゴールドプレートとSSのツートン
文字盤色: ブルーまたはシルバーカラー
インデックス: アプライドバー
夜光: 時・分針とアプライドバーインデックス
防水性能: 50m(5気圧)
ストラップ/ブレスレット: SSブレスレットまたはアリゲーターストラップ。すべてに追加のラバーストラップ(インターチェンジャブル仕様)が付属。


ムーブメント情報

キャリバー: FC-775
機能: 時・分表示、パーペチュアルカレンダー(12時位置に月とうるう年表示、3時位置にデイト表示、9時位置に曜日表示)、6時位置にムーンフェイズ表示
パワーリザーブ: 38時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万8800振動/時
石数: 26


価格・発売時期

価格: SSブレスレットモデル:108万円(税抜)。アリゲーターストラップモデル:105万円(税抜)
販売時期: 9月より特定店舗にて順次先行発売(先行発売期間中に購入の場合、1年間の保証延長)。2021年1月より全国の正規取扱店にて一般販売開始
限定: 通常ライン

詳細は、 フレデリック・コンスタント公式サイトをクリック。