trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 25, 2020
November 25, 2020
Introducing ロジェ・デュブイ エクスカリバー ディアボルス イン マッキナ 2020年新作

Introducing ロジェ・デュブイ エクスカリバー ディアボルス イン マッキナ 2020年新作

ユニークピースの大型ミニッツリピーター。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 本機は、独自の金属素材を採用したスケルトンのマッシブなフライングトゥールビヨンです。ここで説明をやめてしまえば、おそらく「なるほど、ここ数年ロジェ・デュブイの象徴的な時計で、同社のいつものやり方ですね」と言うでしょう。あなたは正しいです。しかし、今回は続きがあります。エクスカリバー ディアボルス イン マッキナは、このブランドの方程式にミニッツリピーターをかけ合わせました。面白そうでしょう?

 ディアボルス イン マッキナは、CarTech Micro-Melt BioDur CCM™と呼ばれる特許取得済みの素材を使用した45mm×16.8mmのケースにまず特徴があります。これは、粉末の状態から焼結されて固体となった金属です。SSと比べて最大の利点は、耐摩耗性に優れていることと、傷や擦り傷があっても光沢が持続することです。ロジェ・デュブイはこれを扱うことのできる唯一の時計メーカー。ここでは、この金属をベースとして、彼らのデザイン言語にいくつか興味深い工夫が凝らされた時計が紹介します。
 通常、同社のトゥールビヨンはオープンスペースが特徴的です。通常、非常にスケルトン化されており、ケースの中には金属やカーボンよりも空気が多く含まれていることが多い。それに対して、この時計は密度を重視しています。特徴的な十字に交差したブリッジは配されていますが、ムーブメントを隠すことで逆に強調するという手法のために用いられています。

 しかし、ここでの真の目玉は、この時計のために微調整されたミニッツリピーターです。まず最初に、hours、quarters、minitesの文字が書かれた透明なディスクがあり、この回転と共にリピーターがチャイムを鳴らします。11時位置のローマ数字のすぐ後ろにあるので、よく見ないと分からないかもしれません。リピーターは時計の名前にちなんで、ゴングがCとGのフラットにチューニングされており、これは三全音と呼ばれています。これがリピーターに少しの不協和音を与えているのでしょう。僕は個人的にこのリピーターが鳴らす音色にとても興味があります。

 この時計には、リューズのすぐ横にある機能表示に素晴らしい安全機能も備えています。これは、リピーターが作動している間に誤って時刻を変更しないように、時計が巻上げモードか設定モードかを知らせてくれます(通常、大きなダメージを与える可能性があります)。また、10時位置のリピーター作動プッシュボタンには、リピーターが部分的に作動しないようにする機構があります。オール・オア・ナッシングなので、もう頭痛の種を心配する必要はありません。

ファースト・インプレッション

 本誌読者であれば、この時計が僕の日常から圏外にあることは言うまでもありません。率直に言えば、この時計は地球の反対側にあるようなものです。しかし、本機は知的な実験であり、時計製造とデザインの研究であると評価できます。僕の手首がこのサイズに耐えられるとしても、「ディアボルス イン マッキナ 」は着けないと思いますが、この時計を直にチェックしてみたいです。あまりにもワイルドすぎて、見てみたいと思わずにはいられません。

 さらに、この時計はコレクションに通常ラインナップされるものでなく、一点ものであることも気に入っています。その実験性がよりリアルで、印象的です。写真を見ると、文字盤のパーツの絡み具合がよく分かりますが、光の加減で色や仕上げがどのように変化していくのかが気になります。一見しただけでは分からないほどの透明感があるのではないでしょうか。僕はまた、そのメカニズムをもっと深く掘り下げてみたいと思っています。
 巻き上げ用のデュアルマイクロローター、回転するリピーターディスクなど、細かいエンジニアリングのポイントは明らかに魅力的に写ります。たとえロジェ・デュブイがデザイン的に好みではなくても(私の好みではありませんが)、彼らのウォッチメイキングは特別であり、注目する価値があることは間違いないのです。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: ロジェ・デュブイ(Roger Dubuis)
モデル名: エクスカリバー ディアボルス イン マッキナ(Excalibur Diabolus In Machina)
型番: RDDBEX0842 

直径: 45mm
厚さ: 16.8mm
ケース素材: CarTech Micro-Melt BioDur CCM™
文字盤色: ブルー 、エングレーブされたミニッツトラック
インデックス: ローマ数字とアプライドのバー
夜光: あり、針とアワーマーカー
防水性能: 30m
ストラップ/ブレスレット:  チタン製トリプルフォールディングバックルのついたカーフレザーストラップ


ムーブメント情報

キャリバー: RD0107
機能: 時、分、フライング・トゥールビヨン、ミニッツリピーター
直径: 33.27mm
厚さ: 10mm
パワーリザーブ: 60時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 3Hz(2万1600振動/時)
石数: 54
部品数: 558
追加情報: ジュネーブ・シール取得


価格&発売時期

価格: 6170万円 (税抜予価)
発売時期: すぐに発売開始予定
限定: ユニークピース(ブティック限定)

詳細は、ロジェ・デュブイ公式サイトをご覧ください。