trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 30, 2020
November 30, 2020
Introducing ティソ ジェントルマン オートマティック 日本限定モデル 2020年新作

Introducing ティソ ジェントルマン オートマティック 日本限定モデル 2020年新作

グレーダイヤルを配し、ストラップとブレスレットの両方が付属する日本限定500本のオールラウンダーが登場。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 ティソ ジェントルマンは、ビジネスからプライベートのオフスタイルまであらゆるシーンをカバーする時計コレクションとして2019年10月に登場しました。今ご覧になっているのは、そのジェントルマン オートマティックの日本限定仕様モデル。同社が日本限定のジェントルマン オートマティックをリリースしたのはこれが2作目です。

 新作のジェントルマン オートマティックの基本的なスペックはこれまでと変わりません。サテン仕上げが施された直径40mmのステンレススティールケースに鏡面仕上げのベゼルが備えられています。内部のムーブメントもパワーマティック 80 シリシウムが採用されており、同社がシリシウムと呼ぶシリコン製ヒゲゼンマイを搭載し、最長80時間のパワーリザーブを誇ります。スペックなどの詳細は、以前ジャックが執筆した紹介記事「Introducing: ティソ ジェントルマン オートマティック」をご覧ください。

 今回の日本限定モデルの特徴は2つ。それは文字盤とストラップにあります。

 まず1つめの特徴は、文字盤が限定仕様であること。今まであったブルー、ブラック、シルバーのカラーバリエーションではなくグレー文字盤になっています。また文字盤上には、ジェントルマン オートマティックの最初の日本限定にも見られたクロスラインが採用されています(ティソは2020年新作としてクロスラインの入ったブラックとシルバーにブラウンレザーストラップの通常モデルも発表しました)。

 そしてもう1つの特徴は、ストラップが特別仕様であること。文字盤に合わせたグレーのレザーストラップとステンレススティールブレスレットが付属します。しかもなんと、通常のレザーストラップモデルの価格で設定されています。グレー文字盤の日本限定モデルは、スペシャルケースに入って10万円(税抜)で、限定本数は500本です。

ファースト・インプレッション

 ティソは、世界最大の時計製造グループであるスウォッチ グループ傘下の時計ブランドです。同グループには、オメガ、ブランパン、ブレゲなどがあり、ティソはその中でも比較的手頃なエントリークラスの価格帯に位置します。

 僕は時計業界に飛び込む前まで、ティソというブランドについて名前こそ聞いたことがあったものの、実際に時計を触ったことはあまりありませんでした。しかし、10万円前後のスイス製時計を探すのであれば、ティソは決して選択肢から外すことができないブランドだということを知りました。

 ジェントルマン オートマティックは、シリコンヒゲゼンマイと80時間のロングパワーリザーブをもったムーブメントを搭載しています。このスペックをアンダー10万円で手に入れることができるのは、ティソが巨大グループ傘下にいるからこそです(ヒゲゼンマイを専門的に製造するニヴァロックス・ファー社をスウォッチグループが保有しているため)。

 グレー文字盤の日本限定モデルは、そもそもオールラウンダーであるジェントルマン オートマティックの汎用性を最大限にまで高めています。ティソは今年5月に、グレー文字盤を有した日本限定のシースター 1000 オートマティック シリシウムを発表していましたが、それとはまた違った質感です。また、ヴィンテージウォッチなどでよく見られるクロスラインが配されており、比較的シンプルな印象の文字盤に良いアクセントになっています。

 ジェントルマン オートマティックは、タイムレスな腕時計らしいデザインに最新の性能を備え、元々とても手頃な価格で提供されています。ですが日本限定版ではさらに、通常のレザーストラップモデルの価格でブレスレットまで手に入れることが可能です。10万円前後で機械式時計を探している方や、特に機械式時計が初めてという方にとって、非常に魅力的なモデルとなるでしょう。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: ティソ(Tissot)
モデル名: ジェントルマン オートマティック 日本限定モデル(Gentleman Automatic Japan Limited)
型番: T127.407.11.061.00

直径: 40mm
厚さ: 11.5mm
ケース素材: ステンレススティール
文字盤色: クロスラインが配されたグレー
インデックス: アプライド
夜光: あり、針とプロット
防水性能: 10気圧(100m/330ft)
ストラップ/ブレスレット: プッシュボタンバタフライクラスプ付きレザーストラップ、ステンレススティールブレスレット


ムーブメント情報

キャリバー: パワーマティック 80 シリシウム
機能: 時、分、秒、日付
パワーリザーブ: 最長80時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万1600振動/時
石数: 25
クロノメーター認定: なし
追加情報:シリコン製ヒゲゼンマイ


価格・発売時期

価格: 10万円(税抜)
販売時期: 2020年10月
限定: 日本限定500本

詳細は、ティソ公式サイトへ。