trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 25, 2020
November 25, 2020
Introducing ゼニス クロノマスター リバイバル マニュファクチュール エディション

Introducing ゼニス クロノマスター リバイバル マニュファクチュール エディション

初代モデルを復刻したケースで入手可能なA386の最終版である。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 ゼニスから突然エル・プリメロ クロノグラフの新作が発表された。シャルル・ベルモとゼニスのマニュファクチュールの屋根裏部屋の伝説的な物語に基づいたモデルだ。

 彼は、クォーツショックの最中に機械式時計の復活を信じ、会社の経営陣には内密に、エル・プリメロ クロノグラフのためのパーツを屋根裏に隠していたのだ。昨年、時計業界に注目し、エル・プリメロ50周年記念モデルの発表を目の当たりにした人なら誰もが知る話だろう。シャルル・ベルモは、今では英雄とされている。

 ちょうど数週間前に、我々はチタン製でフルブラックのA384ケースで登場したゼニス クロノマスター リバイバル シャドウをカバーしたばかりだ。そして今日、我々は別のリバイバルモデルを目の当たりにしている。今作は、2018年11月にかの屋根裏で発見された、文字盤に基づいたものである。

 グレー、ブラック、ブルーのトリコロールカラーだった初代A386と同様に、本機は3つのサブダイヤルが重なり合っているのが特徴で、色調がやや異なるブルーが採用されている。屋根裏部屋のエル・プリメロの箱の中から発見されたことから、おそらくべルモが保管していたものと思われるが、この代替ダイヤルは、それ自体がプロトタイプのA386ダイヤルであると推測される。サブダイヤルの色の違いを除けば、このブルーの文字盤とオリジナルのA386の文字盤は同じものだ。今日までゼニスはこのデザインを商品化したことはなかった。ゼニスが言うところのA386の最終バージョンである本機は、初代機からのリバイバルケースでクロノマスター リバイバル マニュファクチュール エディションの名を冠して発表された。

 ゼニスの当初の計画では、スイスのル・ロックルにあるマニュファクチュールを訪れた人だけが手に入れることのできる限定モデルとされる予定だった。しかし、現在の世界的な状況を鑑み、マニュファクチュールが再開されるまでの間、新しいEコマースプラットフォームを通じてのみ入手可能となっている。

ファースト・インプレッション

 この時計を見て、美しいと思った。重なり合う3つのブルーの色合いは、時代を超越したデザインが逆に新鮮で、エル・プリメロが誕生したまさにその時代からやってきたように感じる。ゼニスの屋根裏部屋の物語は、現代のゼニスブランドと時計コレクターに多くのものを与えてきたと言っても過言ではない。そして今、我々は屋根裏部屋からまたもや予想外の発見をしたのだ。

 これは、ゼニスで最も知られているシンボル的な時計デザインに追加された非常に魅力的なモデルである。ゼニス本社からしか手に入らないが、どうしても手に入れたいという人にとって、手段があれば入手可能なモデルとなっている。ゼニスの新しいEコマースサイトは、地域ごとに徐々に展開されている。フランス、イタリア、スイスが5月にオープンし、ドイツ、スペイン、イギリス、アメリカと続く。この時計には、本の外観を模したパッケージが付属し、ゼニスのマニュファクチュールの設計図のようなデザインが施されている。

 ブルーの色合いは、昨年ゼニスが発表した2つのユニークなプラチナ製のA386を彷彿とさせるもので、それぞれオンリーウォッチとフィリップスのオークションに出品(フィリップスのために作った特別なプラチナ製のエル・プリメロ参照)された。オンリーウォッチのバージョンでは、従来の3色の文字盤を採用し、サブダイヤルには明るい色合いのブルーを採用していたが、このモデルにはもちろん、より明るい色合いのブルーも含まれていた。そして、フィリップスによって販売されたモデルは、ラピスラズリから作られた文字盤をもつものの、オリジナルのゴールドA381の文字盤デザインとより近しかった。

 これは、エル・プリメロのストーリーに意外な一幕を加えたクールな時計である。限定モデルではないようで、価格が94万円(税抜)と手の届くゾーンなのも嬉しいところだ。


基本情報

ブランド: ゼニス(Zenith)
モデル名: クロノマスター リバイバル A386 マニュファクチュール エディション(Chronomaster Revival A386 Manufacture Edition)
型番: Ref 03.Z386.400/60.C843

直径: 38mm
厚さ: 12.6mm
ケース素材: ステンレススティール
文字盤色: ホワイトラッカー文字盤、3つの異なる色調のブルーのサブダイヤル
インデックス: ロジウムメッキ、ファセット加工、スーパールミノバSLN C1コーティング
夜光: スーパールミノバ
防水性能: 5気圧
ストラップ/ブレスレット: ステンレス製のピンバックル付きブルーのアリゲーターストラップ(ラバーの裏地)


ムーブメント情報

キャリバー: エル・プリメロ 400
機能: センター時・分。9時位置にスモールセコンド。クロノグラフ: センターにクロノグラフ針、6時位置に12時間積算計、3時位置に30分積算計。タキメータースケール。4時30分位置に日付表示
直径: 30mm
パワーリザーブ: 50時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 3万6000振動/時
石数: 31


価格&発売時期

価格: 94万円(税抜)
限定: なし

詳細は、ゼニス公式サイトへ。