trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 25, 2020
November 25, 2020
Introducing チューダー ブラックベイ クロノ ダーク

Introducing チューダー ブラックベイ クロノ ダーク

ニュージーランドのオールブラックスに捧げられた限定モデル。

ADVERTISEMENT
クイックガイド

チューダーは、2019年ラグビーW杯におけるオールブラックス(ニュージーランドのナショナルラグビーチーム)の王座守護を祈念して、ブラックベイ クロノの限定版を発表した。ブラックベイシリーズの名を引き継ぎ、この製品はブラックベイ クロノ ダークと名付けられている。チューダーは頻繁に限定品を出すような類のメーカーではないのだが、ブラックベイ クロノ ダークに関しては面白い趣向を打ち出した。それは、製品の数がこれまでオールブラックスに参加した選手の数に限定されるというものだ。この記事を書いている時点で、その数は1181。チームから新しい選手が選出される度、製品が在庫に加えられるというわけだ。

オールブラックスとのつながり、チューダーとのスポンサー契約の話はさておき、今あなたが目にしているのはスタンダードなスティール製のブラックベイ クロノ、ただしマットブラックのPVD加工されているものだ。私は個人的に、すべてブラックの時計にはなかなか親しみが持てないのだが、ブラックベイ クロノ ブラックの見た目は実に素晴らしい。 

ADVERTISEMENT
ファースト・インプレッション

少し復習をしておきたいという読者の方に述べておくと、ブラックベイ クロノは2017年、クラシックなチューダースポーツ クロノと、ブラックベイ ダイバーを掛け合わせた一種のハイブリッドとして誕生したモデルだ。直径41mmのダイバーズスタイルのケース、文字盤には2カウンタークロノグラフがあり、それぞれスモールセコンドと45分の積算計表示がある。6時位置には日付表示があり、夜光インデックス、そしてチューダーの有名なスノーフレーク針(ブラックベイシリーズに期待される通り)が設えられている。 

上記の特徴をすべて引き継ぐブラックベイ クロノ ダークは、サテン仕上げのスティール製で、PVDコーティングによって深みのあるマットブラックに仕上がっている。ブラックベイ クロノシリーズの他のモデルと同様に、ダークもチューダーのマニュファクチュールムーブメントであるキャリバーMT5813を採用。このムーブメントはブライトリングとのパートナーシップによってチューダー社内で開発されたものであり、ブライトリングB01の設計に基づいたコラムホイール式のものだ。MT5813には70時間のパワーリザーブがあり、垂直クラッチ方式によって動作し、COSC認定を受けているうえ、シリコン製ヒゲゼンマイをも搭載する。

シリアル番号が刻まれるケースバックは密閉式でブラックのPVDコーティング仕上げだ。水深200mまで耐えられるダイバーズウォッチであるブラックベイ クロノ ダークは、風防のサファイアクリスタルを含め頑丈な一枚岩のような存在感を放ち、その黒色の仕上げによって、着けたときのケースやベルトのあのかさばった感じまで軽減されている。

これぐらいの価格帯の時計ともなると、PVD加工と DLC(ダイヤモンドライクカーボン)加工のどちらが優れているのかと疑問を持つ人もいるだろうが、ひとつ言えるのは、PVDであろうとDLCであろうとすべてのコーティングは異なるものであり、どれを用いるにしてもそれぞれに適した程度というものがあるということだ。一般的にDLCが炭素を用いるのに対して、物理気相成長法(PVD)は気化した金属をコーティングに用いる。
一般的にはDLCで仕上げた方がより長持ちすると言われているが、決定的な問題となるのは実際のコーティングのクオリティである。ブラックベイ クロノ ダークには、予算を抑えるため安価な加工をされたものに見られるテフロンのような質感や色の変化などは一切なく、コーティングが非常に上質なものであることが分かる。結局のところコーティングがどれだけ持続するかは、着用した時間だけが教えてくれるものだが、いずれにせよ、少しばかりの傷もブラックベイにはかえって似つかわしいような感じもする。 

このような製品が発表されるということはなんとなく予想できたが(ブラックベイのダイバーズの展開を見ていれば)、チューダー ブラックベイ クロノ ダークは素晴らしい出来だ。特にマットブラックのブレスレットが合わさったときの見た目は秀逸である。小売価格は58万5000円に設定されており、通常のスティールのブラックベイ クロノよりも8万3000円高い価格だ。コントラストの美しい外見とチューダーの完璧なデザイン性が光るこの限定のブラックベイ クロノ ダークは、チューダー独特の愛すべきダイバーズクロノグラフの幅を広げる製品となっている。 

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド : チューダー(Tudor)
モデル名: ブラックベイ クロノ ダーク(Black Bay Chrono Dark)
型番: 7936DK

直径: 41mm
ケース素材: PVDコーティングされたスティール
文字盤色: ブラック
インデックス: アプライド
夜光: あり
防水性能: 200m
ストラップ/ブレスレット: ブラックのPVDコーティングが施されたスティール


ムーブメント情報

キャリバー : チューダーMT5813
機構 : 時、分、クロノグラフ、日付表示、サブセコンド
直径: 33.80mm
パワーリザーブ: 70時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 4 Hz (2万8800振動/時)
石数: 47
クロノメーター認定: あり
追加情報: ブライトリングのB01ムーブメントがベース


価格・発売時期

価格:  58万5000円(税抜)
限定: オールブラックスの1884年の創立から現在に至るまで、同チームに選ばれてきたニュージーランド代表の人数と同じ1181個が初回生産。今後数年間新たなプレーヤーが選出されるたびに追加生産。

詳細はチューダーの公式サイトで。

ADVERTISEMENT