trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
March 06, 2021
Introducing セイコー プロスペックス ストリートシリーズ ネイバーフッド リミテッドエディション(編集部撮りおろし) 2021年新作

Introducing セイコー プロスペックス ストリートシリーズ ネイバーフッド リミテッドエディション(編集部撮りおろし) 2021年新作

セイコーの人気メカニカルダイバーズが、日本を代表するストリートブランド、ネイバーフッドとコラボレーション。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 セイコー プロスペックスの新機軸として2020年に投入されたストリートシリーズから、早くも2021年の新作が登場した。
 ストリートシリーズは、1975年に誕生し、確かな性能とその独創的なルックスからセイコーのダイバーズウォッチの代名詞となった外胴プロテクターつきモデルをベースに、ファッション性の高いカルチャーにインスパイアされたアレンジを加えたコレクションだ。
 2018年に海外市場でローンチし、日本国内では2020年に展開をスタート。従来のセイコー ダイバーズのイメージを一新する、斬新なデザインやカラーリングを取り入れたモデルをラインナップしている。

 新作として登場したのは、NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)とのコラボレーションモデルだ。ネイバーフッドは日本を代表するストリートブランドの1つ。1994年の誕生以来、モーターサイクル、ミリタリー、アウトドア、トラッドなどの要素を独自の解釈で昇華したベーシックなもの作りとライフスタイルの提案をコンセプトに展開するほか、様々なブランドとのコラボレーションも行っており、根強いファンが多い。

 今回のコラボモデルでは、機械式のダイバーズでありながら、コンパクトなサイズとデイリーユースしやすい3針のデイト表示モデルを採用。本格的なダイビングにも対応する200mの空気潜水用防水を実現し、海水や汗に強く劣化しにくいシリコンストラップなど、ダイバーズウォッチとして信頼に耐え得るスペックを備えている。

 一方で、そのルックスは日に焼けたパティーナ風のインデックスをイメージし、ヴィンテージテイストのルミブライト(蓄光塗料)を採用。ブラックをベースカラーとしながら、ベゼルや針にグレーのアクセントを効かせることで、無骨になりがちなダイバーズウォッチに洗練された印象をプラス。ネイバーフッドらしいストリートスタイルにもマッチする都会的な雰囲気を得た。また、コラボレーションの証として、6時位置にあしらわれた赤いNEIGHBORHOODロゴがひと際目を引くデザインとなっている。

 なお、本作は数量限定1000本のリミテッドコレクションだが、価格は6万9000円(税抜)と比較的リーズナブルな価格設定。販売は2021年1月15日(金)からを予定している。

ファースト・インプレッション

 近年、セイコーは本格的なスペックを備えたダイバーズウオッチを、プロフェッショナル向けとしてだけでなく、デイリーウオッチとして使えるアイテムとしての打ち出しを強化している。例えば、セイコースポーツの頂点に位置づけられているLX(ルクス)ラインは高級機としての審美性を追求したシリーズであり、本作がラインナップされているストリートシリーズは、ストリートシーンにフィットするファッション性の高さを追求するシリーズだ。今回は、幸いにも実機サンプルを手に取ることができたため、編集部撮り下ろし写真を交えながら、その魅力をお伝えしよう。

 ちなみに、ストリートシリーズの第1弾となったのは2020年に登場したプロスペックス  ストリートシリーズの“アーバンサファリだ。一見すると、本作とずいぶん印象が異なるが、ベースとなっているモデルはどちらもほぼ同じ。大きな違いは言わずもがなカラーリングであるが、アーバンサファリのメカニカルモデルでは3時位置にデイデイト表示を備えていたのに対し、本作は4時半位置にデイト表示のみに変更。ダイヤルカラーに溶け込むため、カレンダーが妙に主張しないデザインとなっている。
 また、リミテッドエディションらしく、ダイヤルにはNEIGHBORHOODロゴが追加されことから、プロスペックスのロゴがダイヤル12時側に移動。よりバランスの良い、統一感のあるレイアウトになったように思う。

 ストラップはフィット感と肌触りの良いシリコン製。なお、アーバンサファリでは、メカニカルモデルとデジタルハイブリッドタイプのソーラーダイバーモデルもラインナップされているが、実は両者でストラップ表面の仕上げが異なる。ソーラーダイバーのストラップは凹凸のないプレーンなスタイルだが、メカニカルモデルでは表面にシボ加工を施されており、汚れやキズが目立ちにくい。シボ加工があった方がデイリーユースの時計としては最良のセレクトだと思う。
 また、ベゼルまで含めると厚みはそこそこあるのだが、台形のケースフォルムに短いラグ、そして柔らかなシリコンストラップを与えたことで、まさに腕に吸い付くような快適なフィット感を与えることに成功している。

 本機は第1弾のアーバンサファリ メカニカルモデルよりも1万円高い価格だが、バランスの良いテキストレイアウトとダイヤルに溶け込む控えめデイト表示は個人的に非常に好みだ。また、ブラックをベースとしたカラーリングはスタイルや季節を選ばず着けられ、活躍するシーンが多そうである。そして何より、本格スペックをもつダイバーズ ウォッチらしからぬフィット感の良さと、腕に乗せたときの存在感の高さが破綻することなく同居している点は大いに魅力的だ。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: セイコー プロスペックス(Seiko Prospex)
モデル名: ダイバースキューバ ストリートシリーズ ネイバーフッド リミテッドエディション(Diver Scuba Street Series NEIGHBORHOOD Limited Edition)
型番: SBDY077 

直径: 43.2mm
厚さ: 12.6mm
ケース素材: ステンレススティール(硬質コーティング)
文字盤色: ブラック
インデックス: バー
夜光: 時・分・秒針とアワーインデックスにルミブライト(蓄光塗料)
防水性能: 200m(空気潜水用防水)
ストラップ/ブレスレット: シリコンラバーストラップ


ムーブメント情報

キャリバー: Cal.4R35
機構: 時・分表示、センターセコンド、4時半位置にデイト表示
パワーリザーブ: 約41時間
巻き上げ方式: 自動巻き(手巻き機能付き)
振動数: 2万1600振動/時
石数: 23
追加情報: 平均日差+45~-35秒 


価格 & 発売時期

価格: 6万9000円(税抜)
発売時期: 2021年1月15日(金)
限定: 数量限定1000本

詳細は、 セイコーウオッチ公式サイトをクリック。