trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
October 29, 2020
October 29, 2020
Introducing タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 2020年新作

Introducing タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ 2020年新作

新世代のカレラ・クロノグラフに、エレガントスタイルの42mmが追加された。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 2020年はタグ・ホイヤーのブランド設立160周年にあたり、限定モデルに限らず魅力的な新作が複数登場して現行コレクションの刷新が図られている。7月に本サイトでも紹介したが、カレラ キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフに続いて、もう1つのカレラ・クロノグラフが本日ベールを脱いだ。

 その名もタグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ。モデル名から分かるように、最新キャリバーであるホイヤー02を搭載したコレクションで、カレラ キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフの兄弟のような存在だ。大きな外観の変化としては、ベゼルリングとタキメーターを廃したことで、スポーティな印象が弱められている点。また、3レジスター仕様ではあるものの、6時位置のスモールセコンドは針とバーによる控えめなガイドのみで構成されているため、よりシンプルな印象となっている。
 42mmのケースサイズを採用しラグの形状にも微調整が加えられたことで、ジャケットスタイルなどにより合わせやすい、エレガントな時計に仕上がった。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのブラック
タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのブルー
タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのホワイト
タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのアントラサイト

 本機は本日より発売開始で、価格は57万5000円(税抜、シルバーダイヤルのみ59万5000円)。良心的な価格設定に思われたカレラ スポーツ クロノグラフ(SSモデルで61万5000円、税抜)よりもさらに戦略的な設定となっており、僕個人としては本機により惹かれている。

 また、タグ・ホイヤーにとって、またクロノグラフ史において重要な存在であるカレラがいかに誕生したかについて、こちらの記事「タグ・ホイヤー 初代カレラを解説」が詳しいのでぜひご覧いただきたい。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのライフスタイルショット
タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのライフスタイルショット
ファースト・インプレッション

 ベゼルリングがなかったりレジスターの主張が抑えられていたりと、本機は全体的に控えめなトーンに整えられた時計であることは既に述べた。僕が今回感銘を受けたのは、その文字盤の作り込みで、特にフランジとダイヤルの間の作り込みがかなり徹底されている印象を受けた。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのライフスタイルショット

 まず、本機ではフランジ部分にはシンプルなミニッツトラックが配されており、文字盤とは完全に区切られた別体構造となっている。スポーツクロノではインデックスがミニッツトラックに食い込んだデザインが採用されていたが、そのアヴァンギャルドな構成から本機は一線を画している。さらに、インデックス部分を見ていくと、端にゆくに従って急激な傾斜が付いているのが分かる。文字盤の端にも溝のようなレイヤーが設けられており、ご丁寧にここにもインデックスの位置を示すバーのペイントがある。こういう要素を増やすと、例えばアプライドインデックスとこの溝部分のバーとを完璧に角度を合わせて設置する必要が出てくる(たまにそういう作り込みの甘い時計に出くわすことがあるが、取り付けのズレは視覚的な違和感が強く、かなり"バレやすい"のだが本機はしっかり作り込まれている)。

 同社の他のラインナップを見渡すと、フランジなどのデザイン的にはキャリバー16を搭載した縦3つ目のカレラが近いが、本機は文字盤の作り込みにおいてさらに手が込んでいる。ここまでのクオリティ・コントロールを可能にしたタグ・ホイヤーには、素直に称賛を贈りたい。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのケースサイド

 また、リューズやクロノグラフ用プッシャーの味付けもシンプルだ。リューズトップはロゴの刻印のみで、袖口から覗く際も洗練された印象を与えると思う。人間工学に基づいたH型ブレスレットを採用したことはおなじみであるが、スポーツクロノグラフと比べてコマが小さく、よりドレッシーなイメージとなっている。

 本機は42mmのケースサイズと相まって、非常に着けやすくより広いシーンで使えると思われるので、ぜひ改めて実機を確認してそのディテールをお伝えしたい。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフのライフスタイルショット
ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: タグ・ホイヤー(Tag Heuer)
モデル名: タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ
型番: CBN2010.BA0642、CBN2011.BA0642 、CBN2013.FC6483 、CBN2012.FC6483 

直径: 42mm
ケース素材: ステンレススティール
文字盤色: ブラック、ブルー、シルバー、アントラサイト(全てサンレイ仕上げ)
インデックス: バー
夜光: ホワイトスーパールミノバ(インデックスと時分針)
防水性能: 100m(10気圧)
ストラップ/ブレスレット:ステンレスブレスレット(ブラック、ブルー)、ブラウンアリゲーターストラップ(シルバー、アントラサイト)

ゴールドPVDに変更された、Cal.ホイヤー02のローター。


ムーブメント情報

キャリバー: Cal.ホイヤー02
機能: 時、分、スモールセコンド、クロノグラフ、日付表示 

パワーリザーブ: 約80時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万8800振動/時(4Hz)
石数: 33石
総パーツ数:168


価格・発売時期

価格: 57万5000円、59万5000円(シルバー、全て税抜)
販売時期: 販売中
限定:なし、通常ライン

詳細は、タグ・ホイヤー公式サイトへ。