trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
January 28, 2021
January 28, 2021
Introducing モンブラン スターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8

Introducing モンブラン スターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8

エグゾトゥールビヨン初のオープンワークモデルが登場。

クイック解説

 モンブランといえば、筆記具のメーカーというイメージが強いかもしれませんが、近年は時計製造にも非常に力を入れています。リシュモン グループが2007年に買収したミネルバをモンブラン傘下に収め、ミネルバ高級時計研究所を発足。共同でムーブメントを開発したヘリテイジ マニュファクチュール パルソグラフや、ミネルバのアーカイブから発見されたムーブメントを搭載した38本限定のヘリテイジ スモール セコンド リミテッド エディション 38などが本サイトでも話題になりました。

 そんなモンブランから2020年新作として登場したのが、このスターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8です。直径44.8mmの18Kローズゴールド製ケースに自社製手巻きムーブメントMB M18.69を搭載したオープンワークウォッチです。

モンブラン スターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8

 最もユニークな点は、6時位置に配されているエグゾトゥールビヨン。モンブランが、ヴィルレのマニュファクチュールで3年間の開発期間を経て完成させ、2012年に特許を取得した独自のトゥールビヨン機構です。

 名称にあるエグゾ(Exo)はギリシャ語で「外」、「外側」や「外部」という意味をもちます。通常のトゥールビヨンはテンプ、アンクルやガンギ車といった機構を回転するキャリッジ内部に収納しますが、エグゾトゥールビヨンは、その名の通りキャリッジの外部に配置するユニークな構造。これにより精度の向上だけでなく、ストップセコンド機能(秒針を止めるハック機能のようなもの)を実現し、秒単位での時刻合わせを可能にしています。

 また、188もの部品で構成されたCal. MB M18.69は、サーキュラーグレイン、鏡面磨き、そして面取りといった仕上げが施されており、これらは全て、各分野の専門の職人たちによるもの。

 12時位置には、ドーム型の18Kゴールド製のダイヤルにアイボリーのグラン・フーエナメルを施した文字盤があり、インデックスはブラックのアラビア数字で、時分針はローズゴールド製のリーフ型。秒針はトゥールビヨンのケージが担っています。

 モンブラン スターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8は、世界限定8本。価格は、13万8000ユーロ(約1720万円)です。

ADVERTISEMENT
ファースト・インプレッション

 エグゾトゥールビヨンは、同社が提供する時計の中でも最も複雑なモデルの1つで、ここまでオープンワーク化されたエグゾトゥールビヨンは、今回が初めてのこと。

 本モデルは、同社が「ミネルバからインスピレーションを受けて作られた、クラシカルな趣ある洗練されたデザインの時計」と説明する「スター レガシー」コレクションに内包されます。ですが、スター レガシーを感じさせる意匠は、ケース形状とインデックスの書体、それに針の形状くらい。そもそもこの非常に大胆な外観からは、おそらくパッと見ただけでは、どのブランドか分からなかった方も多いのではないでしょうか。僕もそのうちの1人です。

 ローズゴールド製ケース内部には、非常に立体的なキャリバーMB M18.69が確認できます。本ムーブメントの要である6時位置のエグゾトゥールビヨンは、1本のアームで吊り下げられるように設置されており、チラネジ付きの大型テンプが、トゥールビヨンの回転キャリッジ外側に配置された構造です。

 テンプが文字盤よりも4.15mm高い位置に設定されることで文字盤よりも上に浮いているように表示。これによって全体に独特の立体感を生み出しています。

モンブラン スターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8のケースバック

 本作は直径44.8mm、厚さ15.01mmと数値から推測する着け心地はとてもいいとは言えないと思います。ですが、同社が薄く作れないというわけではなく(2016年に直径42mmで厚さは10.14mmのエグゾトゥールビヨン スリムをリリース)、本機はオープンワーク化することで、エグゾトゥールビヨンの動作や立体感、そして職人たちによる手仕上げを余すこと無く楽しめるようにしたモデルだということなのだと思います。これは同社の時計製造への情熱とクラフツマンシップをアピールするための時計なのです。

 時計の世界に入るまで僕は、モンブランがこれほどまでに時計製造に情熱を注いでいるとは知りませんでした。今年発表された同社の新作の中で個人的にお気に入りなのは、ワン・ハンド・ウォッチである1858 オートマティック 24Hですが、最も実機をこの目で見てみたいと思ったのは、このスターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8になりました。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: モンブラン(Montblanc)
モデル名: スターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッド・エディション8(Star Legacy Exo Tourbillon Skeleton LE8)
型番: 126096

直径: 44.8mm
厚さ: 15.01mm
ケース素材: 18Kローズゴールド
文字盤色: ホワイト
インデックス: アラビア数字
夜光: なし
防水性能: 3気圧(30m)
ストラップ/ブレスレット: ブレテリア(イタリア フィレンツェの自社レザー工房)製のブラウンスマーフトアリゲーターレザーストラップ、18Kローズゴールドのトリプルフォールディングクラスプ付き

モンブラン スターレガシー エグゾトゥールビヨン スケルトン リミテッドエディション8のムーブメント

ムーブメント情報

キャリバー: MB M18.69
機能: 時、分、スモールセコンド、エグゾトゥールビヨン
直径: 41.95mm
厚さ: 6.45mm
パワーリザーブ: 約50時間
巻き上げ方式: 手巻き
振動数: 1万8000振動/時(2.5Hz)
石数: 19
クロノメーター認定:
追加情報: フィリップスターミナルカーブ付きヒゲゼンマイ


価格・発売時期

価格: 13万8000ユーロ(約1720万円)
販売時期: 発売中
限定: 8本

詳細は、モンブラン公式サイトへ。