trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
January 28, 2021
January 28, 2021
Introducing ルイ・ヴィトン タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ ジュネーブ

Introducing ルイ・ヴィトン タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ ジュネーブ

ロゴの中に存在する大きな世界。

ADVERTISEMENT

フランス語で "ドラム "を意味するタンブールのケースは、2002年に登場して以来18年の間に、ミニッツリピーターをはじめとする数々の複雑機構を搭載してきた(タンブール ミニッツリピーターは2011年のバーゼルワールドで発表され、当時ホディンキーもその場にいた)。また、2011年には、ミシェル・ナバス氏(Michel Navas)とエンリコ・バルバシーニ氏(Enrico Barbasini)によって2007年に設立されたジュネーブの複雑機構専門の工房「ラ・ファブリク・ドゥ・タン(La Fabrique du Temps)」を買収したことも発表していた。この2人は以前、名匠ジェラルド・ジェンタの下で働いていた経験があり、現在は廃業しているBNBコンセプトの共同創設者でもある。この二人は、ローラン・フェリエのトゥールビヨンやマイクロローター・キャリバーの製作者として知られている。

 その後も、両氏はルイ・ヴィトンに機械式コンプリケーションを取り入れ続けていた(昨年発表された、ムーブメントがケースの中で宙に浮いているように見える "ミステリー "バージョンのスピンタイム・コンプリケーションも含む)。今年は、ルイ・ヴィトンの新作「タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ ジュネーブ」を発表している。

 本機のタンブールケースは、底部の直径が46mmで、内側に傾斜してベゼル面の直径が42mm、厚さは12.75mmとなっている。ケース構造はかなり複雑で、外装はカーボストレイタム(キャメルキャップのような次世代の素材科学の結晶だ)と呼ばれる独自のカーボンファイバー複合材で、100枚のカーボンファイバーから始まり、金型の中で加熱・圧縮されてランダムに層状の素材を形成するという。ケースをフライス加工して形を整えていくと、ショットシルクのようにキラキラと輝く模様や、油と水のように混ざり合わない2つの液体を合わせてできた模様が浮かび上がってくる。この外被をチタン製のインナーケースの上に乗せ、サンドブラスト加工を施したチタン製のラグで仕上げる。この場合のタンブールケースも、横軸が大きく縦軸が小さい、やや扁平な形状になっているのだ。

 また、ラグとリューズにチタンを使用し、ホワイトゴールドを使用したハイジュエリーバージョンも製作されているという。合計4.22ct、354個のダイヤモンドがセットされている。ルイ・ヴィトンのロゴにはラウンドブリリアントのダイヤモンドが施されており、デザイン全体の中で非常に目立っている(意図的なものだろうが)。

 ムーブメントのブリッジワークにグラフィックデザインの要素を取り入れることは、現代の高級時計製造において、それ自体が一つのジャンルとなっている。よく知られている例としては、カルティエのサントス ノクタンブールや、シャネルは、キャリバー3のような時計に自社のロゴ要素をさりげなく取り入れている。タンブールカーブ フライングトゥールビヨンのムーブメントは、ラ・ファブリク・ドゥ・タンで製造されたCal.LV 108/9(ダイヤモンドセットバージョンは109)で、ブリッジにはNAC(ナノアモルファスカーボン)処理が施されている。ラ・ファブリク・ドゥ・タンはジュネーブに位置しているため、キャリバーはジュネーブシールを取得することが可能だ。さらにジュネーブシールには、美観やムーブメント構造の特定の要素にも要求されている。そのため、ヒゲゼンマイを固定するジュネーブスタイルのプレート型ヒゲ持ちなど、かなり伝統的なハイエンドムーブメントの時計製造がなされていることをそれを語っているのだ。

ADVERTISEMENT

 ルイ・ヴィトンのモノグラムは、近代的ロゴの元祖の一つであり、1896年に最初に使用された理由は、同社の本物のラゲージを偽ものと簡単に区別できるようにするためだった。(私が読んだ限りでは、現代的な抽象的ロゴの最初のものは、その20年前の1876年に発表されたバス・エールの赤い三角形のロゴだったようだ)。ロゴやモノグラムは、一般的にルイ・ヴィトンでは和風の花や四つ葉のように使われており、これはビクトリア朝後期に貴族の家系を表すために使用された抽象的または半抽象的なシンボルである「和紋」や「家紋」に対する関心から生まれたものだ。

 明らかに、これらの時計は(非常に)裕福なルイ・ヴィトンのスーパーファンを対象としたものだ。 自分は、このような時計にふさわしいステータスをもつと思ってはいないものの、試してみる機会があればぜひダイヤモンドセットのモデルを試着してみたいところだ。乗りかかった船は簡単に降りられないというわけだ。
 非ダイヤモンドセットモデルは、LVのモノグラムとよりうまく統合しているが、ルイ・ヴィトンへの熱意を表したい場合は、バゲットとブリリアントバージョンが最適だろう。ダイヤモンドとケースはどちらも“カーボン製”で、化学的なちょっとした違いが見た目と魅力に大きな違いをもたらしているのがポイントだ。

ルイ・ヴィトン タンブール カーブ フライング トゥールビヨン ポワンソン・ド・ジュネーブ」:ケース、チタンとカーボストラタム コンポジット、またはホワイトゴールドとカーボストレイタム(後者には4.22ctのダイヤモンドがセット)、サイズ、底面46mm、ベゼル42mm、厚さ12.75mm、防水性、30m、ドーム型ダブルARコーティングサファイアクリスタル、ムーブメント:Cal.LV 108/9 ラ・ファブリク・ドゥ・タン で開発・製造されたブラックNAC処理のプレートとブリッジ。Cal. LV 109、ロジウムメッキ、ダイヤモンドをセットした "LV "モノグラム、スケルトンのフライングトゥールビヨンとモノグラム・フラワーキャリッジ、2万1600振動/時、パワーリザーブ80時間、17石。ダイヤモンドなしで 2928万円(税別予価) 、ダイヤモンド付きは32万3000ドル(約3460万円)。現在販売中。ルイ・ヴィトンの時計製造についての詳細はブランド公式サイトへ。