trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 28, 2020
November 28, 2020
Introducing タグ・ホイヤー カレラ スポーツクロノグラフ 160周年 リミテッドエディション

Introducing タグ・ホイヤー カレラ スポーツクロノグラフ 160周年 リミテッドエディション

クラシックなホイヤーのデザインを現代的に再解釈した、160周年リミテッドエディション。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 タグ・ホイヤーは、今年創設160周年を記念して、最も人気のあるモデルの一つ「カレラ」にオマージュを捧げた限定シリーズを発表した。今作は歴史的なモデルにオマージュを捧げたものだ。今日私たちは60年代半ばに見られた、12時位置に赤いデイト表示をもったユニークなカレラ 45 ダートのRef.3147初代モデル(カレラのクラシックかつコレクターズアイテム)も同時に振り返ろうと思う。

 タグ・ホイヤーの歴史的モデルへのオマージュとして制作された新作の2モデルは、44mmケースと対象的なサブダイヤルを備えたホワイトまたはブルーダイヤルのオプションをもつ。より現代的なデザインとなって誕生した本機は、タキメーター表記をもつベゼルを備えており、ホワイトダイヤルはブラックセラミック製、ブルーダイヤルはブルーセラミック製である。クロノグラフ30分積算計のサブダイヤルに配された3つのラインが、赤いデイト表示と赤いクロノグラフ秒針のデザインに良いアクセントを与えている。こうした意匠は、やや後年のヴィンテージ・ホイヤークロノグラフのサブダイヤルに見られるストライプを想起させる。この時計は、タグ・ホイヤー の160周年を記念した特別なプレゼンテーションボックスで提供される。

 各バージョンでは、カレラのデザインを非常に忠実に再現した視認性の高いクロノグラフを採用。どんな光の条件下でも、ひと目で読みとることができるよう設計された時計となっている。鮮やかな赤色のクロノグラフ秒針と対照的なクロノグラフのサブダイヤル(ホワイトダイヤルの場合はパンダスタイルの配色)がそれを確実なものにしている。セラミック製ベゼルは、シャープな印象を与えるだけでなく、普段使いしていても、その美しさを長く保つことが可能だ。

ファースト・インプレッション

 新作のカレラ スポーツクロノグラフ 160周年 リミテッドエディションは、12時位置に赤いデイト表示があるのだが、このデザインインスピレーションは、歴史的モデルとは異なるものだ。その理由は、本機が、今年登場したカレラ キャリバー ホイヤー02 スポーツクロノグラフコレクションの一部であるからだ。少し大きめの44mmサイズ、タキメーターベゼル、モダンなH型ブレスレットなど同コレクションを結びつける要素はそこかしこに散りばめられている。これらのモデルは、ホイヤー02 クロノグラフムーブメントを搭載した新コレクションの中で初の限定モデルとなる。

 これらの特徴から、本機は今年ちょっと前に取り上げたカレラ 160周年 シルバーダイヤル リミテッドエディションとはほとんど別物だ。その時計ではやや小さいケースを用意しているわけで、もし彼らがやろうとすれば、歴史的なタイムピースに基づいた非常に再現度の高い復刻モデルを簡単に作れただろう。本機のデザインの目的はむしろ、ホイヤーの象徴である歴史的な要素を、スポーティなカレラの現在のラインナップと融合させることにあるのではないか。文字盤には、"Heuer"ではなく"TAG Heuer"のロゴが配されているけれど、これは前述のシルバー、そしてモントリオール リミテッドエディションに続く、カレラ 160周年シリーズの3番目にして最後のモデルなのである。

 前述の通り、内部にはコラムホイールと垂直クラッチを採用した同社でおなじみのCal.ホイヤー02を搭載。これは2013年にCal.1969として発表されたムーブメントなのだが、一時生産停止した後、2017年のオータヴィア ヘリテージ キャリバー02発売のために華々しくカムバックした。Cal.ホイヤー02はこれまで、高い性能とコストパフォーマンスを提供する頑丈なクロノグラフムーブメントとして知られている。ここで紹介する限定モデルはそれぞれ64万円だ(税抜)。

 これは、オマージュやトリビュートモデルではない。タグ・ホイヤーは、確かにそうしたものを多くラインナップするが、これは少し違うのだ。ホイヤーのアーカイブから興味深いデザイン機能を現代的に再解釈したものであり、通常6時位置のサブダイヤルに重なりあうようにして配されるデイト表示よりも視認性が向上している。デイト表示については、おそらく常に議論の対象になるだろう。しかし私としては、それを最高の状態で機能させるためには、隠すべきではないと考えている。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: タグ・ホイヤー(TAG Heuer)
モデル名: カレラ スポーツクロノグラフ 160周年 リミテッドエディション(The TAG Heuer Carrera Sport Chronograph 160 Years Special Edition)
型番: CBN2A1D.BA0643 (ホワイトダイヤル)、 CBN2A1E.BA0643 (ブルーダイヤル)

直径: 44mm
ケース素材: ステンレススティール
文字盤色: ブルーまたはホワイト
インデックス: ロジウムメッキ加工を施したインデックスとスーパールミノバ
夜光: スーパールミノバ
防水性能: 100m
ストラップ/ブレスレット: H型ステンレス製ブレスレット


ムーブメント情報

キャリバー: キャリバー ホイヤー02
機能: 時、分、スモールセコンド、クロノグラフ、12時位置に日付表示
直径: 32mm
パワーリザーブ: 80時間
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万8800振動/時
石数: 33


価格 & 発売時期

価格: 64万円(税抜)
発売時期: 公式オンラインブティック先行発売。11月14日より順次発送予定。
限定: 各モデルとも1860本限定。ケースバックには"ONE OF 1860"(1860本のうちの1本)の刻印

詳細はタグ・ホイヤー公式サイトへ。