trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
March 06, 2021
Introducing カルティエ サントス ドゥ カルティエ オールブラック2020年新作 

Introducing カルティエ サントス ドゥ カルティエ オールブラック2020年新作 

もしかしたら...... (ほとんど)これ以上黒いものはないかもしれない。

ADVERTISEMENT
クイック解説

 2018年にカルティエがサントスコレクションをリニューアルしたとき、すぐに素晴らしい反響がありました。それ以来、カルティエは新たなケースと文字盤の組み合わせ、さらにはクロノグラフの追加という形で、ゆっくりとこのコレクションをアップデートしてきました。今年のカルティエの大きな焦点は、新しいパシャコレクションにありますが、彼らはサントス愛好家を宙ぶらりんにしていません。本機は、これまでで最もモダンなサントスで、タイム&デイト表示をもつサントスにオールブラックのカラーリングを施したモデルです。

 このサントスのケースサイズは、39.8mm×47.5mm(ラグからラグ)という大きめなサイズであり、6時位置にはMMサイズにはない日付の表示が配されています。大きな変更点は、スティールケースにはベゼルとリューズを含めて、全体にブラックADLCコーティングが施されていることです。また、文字盤はインキーなブラックであり、白いローマ数字と白ベースに黒の日付ディスクが配されています。夜光が施された白いバトン針もまた、強いコントラストをプラスしています。これがないと、視認性はちょっと厳しいかもしれません。
 ストラップは、ネジ状のリベットが入っていてサントスのブレスレットデザインを反映したラバーと、もう1つはシンプルなアリゲーターレザーが用意されます。

 僕がこの時計で愛してやまないのは、細部のディテールです。カルティエは、多くの時計メーカーが見落としがちなディテールを的確に表現しています。まず第一に、日付表示のディスクはホワイト・オン・ブラックで、ダイヤルの中ほどに見苦しい白い斑点は存在していません。また、リューズには通常のサファイアやルビーのカボションではなく、ファセットされたブラックスピネルがセットされています。たとえそれがスーパーダークブルーであったとしても、サファイアは、この時計の全体的な外観を損なうかもしれません。この時計は、サントスのコアコレクションに追加されたものであり(限定モデルではない)、近日中にカルティエのブティックや小売店で販売されることになるでしょう。

© Cartier 

ファースト・インプレッション

 2年以上前に初めて試着して以来、現行サントスのファンでしたが、数ヵ月後に1週間強を過ごしたことで、この時計への愛着が深まりました。僕の手首にはMMサイズの方がフィットしますが、LMサイズは決して巨大ではありません(一方、「XL」クロノグラフは僕には大きすぎるというカテゴリーに属します)。

 実は僕らにとってこの時計は、青天の霹靂ではありません。このモデルの登場は、昨年発表された時計が布石だったと思います。それは「サントス ドゥ カルティエ スケルトン ADLC ノクタンブール」で、ブラックアウトされたサントスのスケルトン文字盤に、大量の夜光が施されています。そのスペックを振り返ってみると、この新作のサントス オールブラックと共通のベースが見えるのです。大型のADLCケースとブラックアリゲーターストラップは、ほぼ同じもののように見えます。また、漆黒とガンメタルの中間のような、柔らかな印象のブラック仕上げも同様です。これは、オールブラックの時計を洗練させたものであり、それほどアクが強くありません。

 ノクタンブールとこの時計との大きな違いは、文字盤とラバーストラップです。昨年、DLCスティールのケース、ブラックとホワイトの文字盤、そしてビスがあしらわれたブラックラバーストラップを備えたサントス クロノグラフも発表されました。これらを継承し、文字盤をやや黒くすることで、今日発表されたブラックのサントスを完成させるために必要な要素が揃ったと思うのです。
 カルティエがこれらのアイデアやデザインコードに手を加え、現代のフラッグシップモデルのひとつとなったコレクションに新たな息吹を吹き込むのは、とてもクールなことです。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド:カルティエ(Cartier)
モデル: サントス ドゥ カルティエ (Santos de Cartier)
型番:CRWSSA0039

直径:47.5×39.8mm  (LM)
厚み: 9.38mm  
ケース素材:ADLC加工を施したSS
文字盤色:ブラック
インデックス: ローマ数字  
夜光: あり、針とレイルウェイトラック
ストラップ /ブレスレット:クィックスイッチ インターチェンジャブル ブラックラバーストラップ、ブラックアリゲーターストラップ

© Cartier 


ムーブメント情報

キャリバー: Cal.1847 MC
機能:時、分、秒、日付表示
直径:25.6mm  
厚さ:3.765mm  
パワーリザーブ:40時間  
巻き上げ方式:自動巻き  
振動数:2万8800振動/時(4 Hz )  
石数: 23


価格・発売時期