trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
Shop
November 28, 2020
November 28, 2020
Introducing ジャガー・ルクルト ポラリス・マリナー コレクション 2020年新作

Introducing ジャガー・ルクルト ポラリス・マリナー コレクション 2020年新作

サブではなく、マリナーだ。

ADVERTISEMENT
クイック解説

ジャガー・ルクルトは、ポラリスシリーズのダイバーズウォッチの伝統を受け継ぐ、ポラリス・マリナーの新しいコレクションとして、 ポラリス・マリナー・デイトと、メモボックスの特徴であるアラーム機能を搭載したポラリス・マリナー・メモボックスを発表した。両モデルとも、42mmのケースに、ブルーとオレンジの配色を採用することで、モダンな印象を与えながらも、ポラリスのクラシカルなデザイン言語を維持している。

ファースト・インプレッション

 コレクションを構成する、これら2つの時計の違いは、概ねアラーム機能の有無。アラーム機能の有無による厚さの違いを除けば、ほとんど同じだ。両モデルの間で全く異なるものを見つけることは難しいかもしれないが、よく見ると、一方のモデルには、小さく“Memovox”の表記と三角形があり、もう一方のモデルにはそれが見られない。

 1968年に発表されたメモボックスは、最も有名とはいえないまでも、アラームウォッチの定番の1つとなっている。同様に、ポラリスも、ありふれた回転ベゼルタイプのダイバーズウォッチ(例えば、ブランパンのフィフティーファゾムズとロレックスのサブマリーナー)とは、著しく異なる外観をもつが、長年にわたって使用されてきたスポーティな外観をもつ、数少ないダイバーズウォッチデザインの1つだ。そのデザインは、変革の風に見事に耐えてきたファンキーでレトロ、そしてフューチャリスティスクな要素をもった集大成である。

 ウォッチメーカーの時計であるという古い格言を耳にすると忘れがちになるが、ジャガー・ルクルトは極めて優れたデザインを生み出し、そして、今も作り続けている。だが、たいていの場合、より保守的で、伝統的な知識に基づくデザインの方がしっくりくる傾向にある。

 しかし、ヘリテージに寄るということは、ヴィンテージにインスパイアされた時計のデザインをもっている必要があるということを意味するものではない。ロレックスのサブマリーナー、あるいはポルシェ911について考えてみて欲しい。針を進め、堅牢で近代的な開発サイクルを生み出しながら、ヴィンテージデザインの手がかりを想起させることは十分に可能である。

 ポラリス・マリナーが、まさにそれだ。どこにもフォティーナ的な要素は見当たらない。その代わりに、スティール製ブレスレットを備える大型で堅牢な42mmケースには、ブルーとオレンジの大胆なカラーセットが施されている。これはスポーツウォッチであり、その意図に適合するツールウォッチなのだ。それはポラリス・マリナーが、ISO6425に準拠しており、水深300mのダイバーズウォッチであることからも明らかだ。もし、何か疑問をもっているのなら、文字通り "ダイビング "と書かれた、ダイヤルの下の部分にある文字を見ればすぐに分かる。

 実際に、非常に興味深いのは、このような有能で堅牢なダイビングを意図した時計に、メモボックのケースとアラーム機能が実装されていることだ。もちろん、これは何も新しいことではないが、この時計を貫く美学は、古いブラックダイヤルのポラリスモデルを出発点とした演出で、そして、ブランドはすぐにデイトモデルを採用し、メモボックスはそのまま残された。

 美学として、ここにはたくさんの新しいものがある。夜光インデックスはブルーに、秒針はオレンジに発光し、ダイヤル全体のブルーにオレンジ色のアクセントがマッチしている。一例を挙げると、オレンジ色の夜光を実際に見てみたい。そして、時計中央のリューズの付け根にもオレンジ色のアクセント(これはリューズが押し込まれていない場合、オレンジ色のセキュリティバンドによってダイバーに注意喚起するという役割がある)があるようだ(全部で3つのリューズがある)。ポラリスの流儀では、ダイヤルはサンドブラスト加工を施したような木目の質感をもち、レトロな書体の特徴として見られる大きな数字で、全体的に読みやすくなっている。

 この2つの時計は、現代的なスタイルとダイビングへ適したスタイルを想起させながら、過去のポラリスとメモボックスの両方の伝統を表現している。それぞれの時計に搭載されているムーブメント(ポラリス・マリナー・デイトに搭載されているジャガー・ルクルト製のCal.899と、ポラリス・マリナー・メモボックスのCal.956)は、既存のラインアップの中では、定番となっている標準的なムーブメントだ。ムーブメントと同様、それぞれの時計には、前述のキャリバーを見せるために、サファイアの裏蓋が付いている。本作は、夏が過ぎ去っても気後れすることなく着けられるスティールブレスレット付きのスポーティな時計であり、"夏に耐える魅力的なダイバーズウォッチ”なのである。

ADVERTISEMENT

基本情報

ブランド: ジャガー・ルクルト(Jaeger-LeCoultre)
モデル名: ポラリス・マリナー・コレクション(Polaris Mariner Collection)
型番: Q9038180(メモボックス)、Q9068180(デイト)

直径: 42mm
厚さ: 15.63mm(メモボックス)、13.92mm(デイト)
ケース素材: ステンレススティール(SS)
文字盤色: ブルー
インデックス: アプライドのアラビア数字(6・9・12 )とくさび型
夜光: スーパールミノバ
防水性能: 300m
ストラップ/ブレスレット: SS製ブレスレット
追加情報: 逆回転防止インナーベゼル


ムーブメント情報

キャリバー: 956(メモボックス)、899(デイト)
機能: 時・分表示、センターセコンド、デイト表示、アラーム(メモボックスのみ)
パワーリザーブ: 45時間(メモボックス)、70時間(デイト)
巻き上げ方式: 自動巻き
振動数: 2万8800振動/時
石数: 23(メモボックス)、32(デイト)


価格・発売時期

価格: 186万4000円(メモボックス)、116万円(デイト)。共に税抜価格
販売時期: 2020年10月発売予定
限定: 通常ライン

詳細は、ジャガー・ルクルト公式サイトをクリック。