trophy slideshow-left slideshow-right chevron-right chevron-light chevron-light play play-outline external-arrow pointer hodinkee-shop hodinkee-shop share-arrow share show-more-arrow watch101-hotspot instagram nav dropdown-arrow full-article-view read-more-arrow close close email facebook h image-centric-view newletter-icon pinterest search-light search thumbnail-view twitter view-image checkmark triangle-down chevron-right-circle chevron-right-circle-white lock shop live events conversation watch plus plus-circle camera comments download x heart comment default-watch-avatar overflow check-circle right-white right-black comment-bubble instagram speech-bubble
May 07, 2021
Introducing チューダー  ブラックベイ 32/36/41に新しいシルバーダイヤルが追加 2021年新作

Introducing チューダー  ブラックベイ 32/36/41に新しいシルバーダイヤルが追加 2021年新作

いろいろな意味で明るい兆しだ。

ADVERTISEMENT

チューダー ブラックベイには3つのサイズがある。32mm、36mm、41mmだ。そして、それぞれのサイズにブラック、シルバー、ブルーの3種類のダイヤルが用意されている。

 2012年にブラックダイヤルでデビューしたブラックベイは、そのミニマルな美しさから、ファンの間でロレックス のエクスプローラーと比較された。その後、落ち着いたブルーのダイヤルが登場。そして今回、シルバーのダイヤルを採用し、ブラックベイシリーズにステルス性のあるモノクロームを加えたモデルが登場した。

 新しいシルバーダイヤルには、放射状のサンバースト仕上げが施されている。標準的なブラックベイの場合、ダイヤルはきれいに縁取られており、ポリッシュ仕上げのステンレススティールケースには滑らかなベゼルが付いている。見た目の美しさはピカイチだ。ペラゴスが6時位置に長文を表示しているのに対し、ブラックダイヤル 32/36/41はそれぞれ、昔ながらの“Rotor Self-Winding”の文字がカーブを描きながら“微笑んでいる”ように見える。控えめなダイヤル、ひと目でわかるスノーフレーク針、バリュー志向のキャリバーT600と相まって、ブラックベイはチューダーの魅力を存分に発揮している。

 ブラックベイコレクションは徐々に拡大してきたが、回転ベゼルを備えた従兄弟たちのように話題をさらうことはなく、今回のシルバーダイヤルの追加も、他のモデルのデビューに後れを取る可能性が高いだろう。しかし、この時計はチューダーの最も純粋で進歩的な形をしている。スノーフレーク針以外には、かつてのチューダーとの共通点はなく、フォティーナや巧妙なバックストーリーに頼ることなく、あなたを誘い込む。むしろ、この時計の最も魅力的な点は、派手さがないことであり、シルバーダイヤルはその特徴をキープしている。

チューダー ヘリテージ ブラックベイ 32/36/41mmは、チューダーが2824に改良を加えたT600ムーブメントを採用。38時間パワーリザーブ、150m防水。3つのサイズバリエーションは全て、SS製ブレスレット、ブラウンのレザーストラップ、またはブラックのファブリックストラップで展開。各モデルの価格は以下の通り。32mm:レザー&ファブリックストラップは27万3900円、 SSブレスレットは30万8000円、36mm:レザー&ファブリックストラップは28万4900円、 SSブレスレットは31万9000円、41mm:レザー&ファブリックストラップは29万7000円、 SSブレスレットは33万1100円。全て税込。詳細はチューダー公式サイトへ。